カテゴリー「スポーツ」の2件の投稿

2017年3月 7日 (火)

初のフルマラソンでした。

5日に行われた静岡マラソン、初のフルマラソンでしたが、なんとか完走しました!
記録は5時間2分、ネットタイム(スタートライン踏んでからゴールまでの記録)は4時間51分でした。

ハーフとか段階も置かずにいきなりのフルマラソンへの無謀な挑戦は、意地でなんとかゴールしました。笑
天候に恵まれたことはホントにラッキーで、風もなく富士山も綺麗だったし、コースの風景が凄い良くて、結構楽しんで走れたな。
それでも残り10kmがすっごい辛くて、というのは、足が全然動かなくなってしまって。
体力は寧ろ残っていて、それは途中の水分補給や給食(あんぱんや苺やバナナなど)が多分うまくいったんだと思うのだけど、とにかく足が上がらなくて。
気持ちはあるのに足が動かないことが気持ち的にきつかった感じでした。

中間地点までは1kmのペースがほぼ一定でいけてたことを考えると調子は良かったのだけど、まぁ30km以上走ったこと無いからねぇ、筋肉の持久力も限界を超えて最早何が起こるかわからない状況の中で、こんなにも足が動かなくなるのかってくらい動かなかった。
それでも完走できたのは、周りも結局同じ状況にあって、辛いのはみんな一緒、だったらやるしかない、という気力の勝負だったわけで。
あと、沿道の声援も心強かったなぁ。
こどもがハイタッチの手を差し伸べてくれるの、そりゃハイタッチするしかないよね。
どこぞのおばちゃんも「ほれ、若いのがんばれ!」って言ってくれて、そりゃがんばるしかないわって。笑
嬉しかったなぁ。

理想を言えば歩かずに完走だったのだけど、それは諦めてとにかく歩いてもいいから一歩一歩歩みをゴールに近付けることに切り替えて、後半何kmかは歩いたのだけど、足はゴールまでなんとかもってくれました。
次挑戦することがあるなら、最後まで走りきれるよう筋肉に持久力をつけたいところ。
こればっかりは事前に走り込んでおかないと作れないところなので、走り込みあるのみ。
しかし、あくまでまた挑戦する気になったらです。笑

こう走ってると思い起こすのは中学時の陸上部での記憶で、当時長距離やってて、やっぱりきつかった記憶。
そして顧問の先生に「とにかく腕を触れ」「下を向くな」とよく言われてたのを思い出すのだけど、今回走ってる最中も疲れてきてフォームが崩れそうになると先生の言葉が思い起こされて、ヤバいと思って(笑)フォーム修正してと、案外冷静に走れたことが完走に繋がった大きな要因だった気がします。
きつかった記憶って忘れないのね、楽しいことはすぐ忘れちゃうのに、やんなるわ。笑

さて、これで今年の最大の目標は達成してしまったので(笑)、今後は仕事をしっかりこなしていきたいと思います。
ということで、GWは「ふじのくに⇄せかい演劇祭」!!
僕が出演する舞台『1940ーリヒャルト・シュトラウスの家ー』、ありがたいことに4月29日しか公演がないこともあり、チケットが既にかなり売れてます。
オペラ歌手やミュージシャンとのコラボ作品、完全オリジナルです!
お求めはお早めに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年2月27日 (木)

スポーツはズルい。

馴染みのあるサッカーや野球の試合が無い冬は、ただニュースばかりで面白くない。
今日の試合の結果はどうだったのか、どんなプレーだったのかって気になる、なにげない日常。
しかし、この冬はやはりオリンピックがあったから、毎日家に帰ってきてからテレビを付けるのが楽しかったんだよね。
日本選手の活躍、様々な競技の模様、選手の姿。
普段見慣れない冬のスポーツにも感動した。
オリンピック終わって寂しいなぁ、もっと見たかったなぁ。

と、どこか自分の姿と照らし合わせたり。
こういう人たちがいるのは本当に励みになるんだよね。
ただ、逆にズルいとも思うのね。
というのは、スポーツは順位を争うので、比較的明確な目標を立てやすいわけですよ。
オリンピックもそう。

芸術はというと、これが明確な目標はあるのかと言われるとなかなか難しくて。
あーしたいこーしたいという野望があって、じゃあどうするか、自分でその場所を作るわけです。
で、順位というものはありませんから常に通過点、その道は永遠です。
まぁそれが芸術の面白みなので、それにはまったら抜け出せないわけです。笑
だからスポーツはズルいのですよ。

人からどんなことを言われようと、それは結局嫉妬なんだと思います。
だからといって「素晴らしい!」とみんなが言ったら気持ちの悪い事。
クリエイトというものは批判もあってこそなのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|