« 太陽の塔 | トップページ | 掛川市の文化芸術冊子「文樂里」にて掲載して頂きました! »

2018年7月 7日 (土)

高野山

一人旅での高野山の話。

一生に一度は行きたいと思っていた場所、念願の地にようやく行けました。
奥之院で空海さんは、今もなお私たちに、この世界に対して祈りを続けています。

鈍行に揺られ極楽橋駅へ行き、そこから高野山駅までケーブルカーに乗り、高野山駅からバスに乗って高野山内に入りました。
それで、最初に現れるのが女人堂と呼ばれる参籠所なのですが、みんなここでバス降りて歩いて散策するのかと思いきや、全然降りないのね!みんないきなりメイン行っちゃうのね!
えっ、みんな降りないの?って感じで、挙動不審になりながら、僕の高野山散策はスタートしました。笑

真言宗総本山・金剛峯寺をはじめ、徳川家霊台、高野山霊宝館、壇上伽藍など空海さんの気配を感じながら、この地で重ねられてきた歴史を感じながら参拝し、自然と精神は癒され、同時に人間とはなんぞや、自分とはなんぞやと疑問を抱きながら巡りました。
個人的にツボだったのが、金剛峯寺のおそらく修行僧や客人を持て成す場であろう台所。
上を見上げると煤で真っ黒、多くの人を持て成しなのだなと、そこに感じる人の温もりがよかったです。

さて、様々巡って最後に行き着くのはもちろん奥之院、いよいよ空海さんとご対面です。
空海さんのいる御廟に向かってまず一の橋を渡り参道を歩きますが、360度に広がるのは、原始林と共存するいくつも墓石(供養塔)・祈念碑・慰霊碑。
この墓石を見るのも楽しみにしていたわけだけど、その数に実に圧倒されるばかり。
様々な形・大きさがあり、有名どころには説明があり、と全てを見て読んでいたらいつまでたっても奥之院に辿り着けないことがわかり。笑
ということで、その中でも見たかった戦国大名(織田信長、豊臣家、徳川家、明智光秀、石田三成、伊達政宗、武田信玄・勝頼、上杉謙信など)の墓石をチェックしてきたわけですが、噂に聞く明智光秀の墓石、重なった石のうちの一つが見事に縦に亀裂が入っていて、それを見た瞬間なんとも切ない気持ちに。
思いの外墓石も小さく、歴史に名を残す大名ではあってもその存在は思いの外ひっそりとしたものでした。
(ちなみに、明智光秀の隣に新門辰五郎の墓石もありました!明智光秀の墓石を探してガイドマップ見てたら偶然見つけて!なんだかんだ身近な存在、新門辰五郎。)
数々墓石あれど。その中でもやはり圧巻だったのは豊臣秀吉。
参道をちょっと入った高台にあったのですが、それまでとは明らかに違う雰囲気、ちょっと聖域化してました。
織田さんも豊臣さんも、一度はこの高野山攻略を考えた人なんですけどね、死ねば皆同じ、か。
織田さんは意外とひっそりしてて逆にビックリ。

参道を歩きながら空海さんへのご挨拶に心身を清め、中の橋を渡りいよいよ御廟橋へ。
御廟橋を渡る前に一礼してから聖域に足を踏み入れます。
ちなみに、ここからは撮影は一切禁止。
目の前に燈籠堂が現れ中に入ると、そこに広がる朱色の燈。
感動しました、僕はここにいるんだなと思いました。
護摩祈祷の祭壇があり、今もその燈は受け継がれ続けている。
空海という人はなんて偉大な人物なのだろう。

お祈りを済ませ、でも実は燈籠堂はまだ序章で、この裏の御廟へ。
目の前には空海さん、祈ってきました。
でもでも、実は本当の目的地はここではなく、僕が一番行きたかったのは燈籠堂の地下。
そう、燈籠堂の地下を行き御廟の方角に向かうと、そこには空海さんの絵と祈る場所があります。
ここが空海さんに一番近付く場所なのです。
御廟の地下に空海さんはいて、丁度この燈籠堂の地下の高さが瞑想している位置と同じ高さなのです。

会えました、空海さんに会えました。
挨拶して少しお話しして、お礼を言ってきました。

別に僕は仏教じゃありません。
何かに祈ることはしないのだけど、でも仏様や神様は好きで、自分の中では心の拠り所として存在しています。
生きていくってやっぱり大変で辛いことの方が多いのだけど、そんな時に祈ることでどこか心のモヤモヤが晴れることがあります。
僕の中できっとこれからも空海さんは生きていくだろうし、拠り所として存在していくのだと思います。
そんな存在に心から感謝し、そしてまたここに来てお礼を言おうと思います。
空海さん、ありがとう。引き続き、よろしくお願いします。

20180627_181250


|
|

« 太陽の塔 | トップページ | 掛川市の文化芸術冊子「文樂里」にて掲載して頂きました! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409678/73818544

この記事へのトラックバック一覧です: 高野山:

« 太陽の塔 | トップページ | 掛川市の文化芸術冊子「文樂里」にて掲載して頂きました! »