« 『1940』について | トップページ | 演劇祭、終わりました! »

2017年5月 4日 (木)

『1940』公演、終了しました。

ちょっと遅くなりましたが、『1940ーリヒャルト・シュトラウスの家ー』は無事に終演致しました。
お越しくださった皆様、応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。

今回たった1回きりの公演、1回しかやらないのはもったいないと、お越しくださった皆様からご好評いただきました。
いや、ホントもったいないですよね、僕ももっとやりたかった。
今回、芝居と芝居の間に曲や歌が入り、或はその逆然り、互いに補完し合う関係は新しい舞台を生み出した様な気がします。
それは商品としてパッケージ化できる、生産性のある舞台でもあり、今後このモデルは使えるのではないかと。

R・シュトラウス、ナチス政権のドイツ国内にいた巨匠は、実に冷静で大胆で、その芸術第一主義のあり方には感服するところです。
ただでさえ肩身狭く生きているアーティストは、何かしらの反骨精神を持っていて、それは人なのか政治なのか、はたまた時代なのか、しかし常に自分がどこに立っているのか適材適所を見定め、そしてそこでどう活動するかを考えなければならなくて。
シュトラウスはあえてナチスと近い距離に自分を置き、そして自分の立場を確保し、自分と自分の家族の命を守れる状況を作った上で、自らの創作活動に励んだことを考えると、この人物は実に計略家であり肝の座っている様に思う。

では日本はというと、お家柄の人の良さで他国や他人の意見に流され、小田原評定を繰り返している間に大島浩の独断行動を許し、結果三国同盟締結、そしてあっという間の敗戦を迎える。
そもそも、陸軍・海軍・外務省と外国とのやり取りが三者三様であった時点で敗戦は見え隠れしていた様なもので、それを知って思ったことは、結果皮肉であったなと。
とか言ったけど、結局今も然程根本的な状況は解決されていない様に思えて、なんだか悲しいのです。

「ワーグナーからヒトラーが生まれ、そしてR・シュトラウスが生まれた」
もしワーグナーが存在しなかったら、ヒトラーも存在しなければR・シュトラウスも存在しなかったかもしれない。
偉大な光には偉大な影あり、いや、それも全ては時代の作用だったのかもしれません。
R・シュトラウス、あなたは人生が幸せだったのか、本人に質問してみたいところです。

しかし今回、声楽の方・ミュージシャンの方はどの方も凄かったのだけど、個人的にはピアノの中川俊郎さんがMVPですね。
何を偉そうにと思われるかもしれないけど、この方の素のキャラに対してなんて繊細な、そして豪快なピアノを弾くんだ、と。
出身見たら桐朋大学の作曲家だったので、「僕は桐朋短大の演劇科でしたー」って話しかけたらすっごいリアクションでビックリされて喜んでくれて、逆にビックリしたっていう。
その驚き方といったら形容しがたく・・・とにかく、中川さん、跳ねてました。笑

さて、演劇祭も気付いたら後半戦に突入!
いよいよ『アンティゴネ ー時を超える送り火ー』が登場しますよ!
お見逃し無く。

|
|

« 『1940』について | トップページ | 演劇祭、終わりました! »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409678/70459698

この記事へのトラックバック一覧です: 『1940』公演、終了しました。:

« 『1940』について | トップページ | 演劇祭、終わりました! »