« 演劇祭、終わりました! | トップページ | 常に中心を考える »

2017年5月22日 (月)

舞台俳優⇔バイト生活、日々その繰り返し。

僕はアンティゴネへの出演が無いので、出演メンバーの稽古を応援すると共に最近は専らバイト生活をしているのだけど、バイトをすることによって、所謂普通の「社会」という場と触れ合うことになる。
形成する人間は、店長、社員、パートの奥様方、大学生、他に自分の目標に向かっている者、全体的に18歳〜50代くらいの方たちだろうか、様々な人間がいるのだけど、学生は専ら就活やテスト・課題の心配をし、パートの奥様方はこどもや今日の晩ご飯の心配をし、店長と社員は店舗の売り上げ・売り場作りに毎日明け暮れている。
お店のシフトが休みの日は何をしているのかと聞くと、こどもと遊ぶ・出掛ける、休みの日も店舗のこと考えている、普段と変わらず学校行ったり課題をやったりする。

一番特殊なのは僕なのかもしれない。
本職は舞台俳優、空いた時間にアルバイトに入る。
有り難いことに、バイト先はシフトに入れる時に入ってくれればいいよと言ってくれているので今はそれに甘えているのだけど、でははたして自分はどこまでこの生活を続けていくのだろうかと、毎日の様に考えてしまう。
東京で活動していた時よりは生活は安定したのだけど、それでもいつまでも“アルバイト”というポジションを抱えてこの先も活動していくわけにはいかない。
いや、別にそれでもいいのかもしれないけど、結局自分が納得いかない。
地域で演劇をやる、そのスタイルは必ずあるはずで目下模索中ではあるのだけど、まぁピンチはチャンスなんだろうね、何か新しいことに挑戦しなければならない、そんな状況です。

自分への戒めも兼ねて書いてるのだけど、どこかで常に“普通”の生活に憧れていて、常に自分は何やってるんだろうと悲嘆して、すっかり物事をポジティブに捉える人間になったのだけど、心の中でのどこか寂しい気持ちは消えることは無い。
悩みは一生尽きないだろうけど、結局今目の前にあることを一生懸命やるしか無いこともわかっていて、でもそこから小石を川に投げてみないと水面の波は広がらないわけで。

まだまだがんばらなきゃいかないな、僕は一人では何もできないんだなって、このバイト生活に戻る度に思うのです。
演劇にできることって何だろう、可能性は無限大にあるはず。
演劇ベースに、何かとのコラボ考えて、面白いこと、どなたかやりませんか?
と、さりげなく仕事募集です。笑

|
|

« 演劇祭、終わりました! | トップページ | 常に中心を考える »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409678/70636677

この記事へのトラックバック一覧です: 舞台俳優⇔バイト生活、日々その繰り返し。:

« 演劇祭、終わりました! | トップページ | 常に中心を考える »