« インプット | トップページ | 『アンティゴネ ~時を超える送り火~』鑑賞講座、参加者募集中。 »

2017年3月23日 (木)

SPAC、アヴィニョン演劇祭でオープニング演目に!

昨日ついに発表されましたね。
今日静岡では、新聞の表紙に載ったりニュースにもなったので知った方も多いかもしれませんが、この度SPAC『アンティゴネ』が、アヴィニョン演劇祭のオープニングを飾ることになりました!

世界には様々な演劇祭がありますが、その中でも多くの演劇人が目指すのはこのアヴィニョン演劇祭。
2014年『マハーバーラタ』では、メイン会場の1つ、ブルボン石切場で2週間ほど公演し満員御礼の大成功を納め、そして今回、メインのメイン、法王庁中庭でオープニングを飾るという名誉、本当に嬉しい限りです。

自分で言うのもなんですが、演劇界においてこれは大事件です!
全国の演劇人の皆様へお願いするならば、自分は関係ないと思わず共に盛り上げてほしいです。
GWは静岡で「ふじのくに⇄せかい演劇祭」を開催、この『アンティゴネ』は駿府城公園に特設舞台を組んで上演します。
是非多くの方に観劇してほしい、そう願います。

と、熱く語りましたが、実は僕は出演してません。笑
僕は演劇祭の中の別演目『1940ーリヒャルト・シュトラウスの家ー』に出演します。
これは4/29(土・祝)13:30のたった1回公演、チケットは既に半分以上売れていて完売が見えてきています、ご予約はお早めに。

僕は、演目は違えど、チーム「SPAC」として『1940〜』を上演することで『アンティゴネ』の力になると信じています。
『1940〜』も面白い作品になってます、是非お越しください。
GWは静岡に!


以下、SPACサイトから転載↓


このたびSPACは、世界最高峰の演劇の祭典「アヴィニョン演劇祭」(フランス)に招聘され、宮城聰演出の『アンティゴネ』を同演劇祭のオープニング作品としてメイン会場「法王庁中庭」で上演することが決定しました!
アジア圏の劇団が「法王庁中庭」でオープニングを飾るのは、71年の演劇祭の歴史上初めてのことです。

なお、本作は、アヴィニョンに先立ち、「ふじのくに⇄せかい演劇祭」において、静岡市内駿府城公園で上演します。静岡から世界に発信される本作を、どうぞお見逃しなく!

★詳細はこちら http://spac.or.jp/news/?p=12944

★「ふじのくに⇄せかい演劇祭2017」での上演の詳細はこちら
http://festival-shizuoka.jp/program/antigone/

|
|

« インプット | トップページ | 『アンティゴネ ~時を超える送り火~』鑑賞講座、参加者募集中。 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409678/70025851

この記事へのトラックバック一覧です: SPAC、アヴィニョン演劇祭でオープニング演目に!:

« インプット | トップページ | 『アンティゴネ ~時を超える送り火~』鑑賞講座、参加者募集中。 »