« 初のフルマラソンでした。 | トップページ | SPAC、アヴィニョン演劇祭でオープニング演目に! »

2017年3月15日 (水)

インプット

明日からちょっとモードが変わるので、一先ず冬物語が終わってから今日までインプットしたもの挙げてみる。

舞台
・オペラ『蝶々夫人』@東京芸術劇場
・桐朋学園短大演劇専攻卒業公演『天使がバビロンにやってきた』@俳優座劇場
・山の手事情社『オイディプス@Tokyo』@すみだパークスタジオ倉
・モラトリアムパンツ『おばけリンゴ』@座・高円寺2
・劇団県史『静岡幕末伝~最後の大奥~』@BOXシアター
・『My town 千年先のわたしたちへ』@島田市民総合施設プラザおおるり
・SPAC『真夏の夜の夢』
・『小堺クンのおすましでSHOW FINAL〜おすましBeyond〜』@新国立劇場

映画
・『ルパン三世 カリオストロの城(4DX)』@TOHOシネマズ新宿
・ブラナー・シアター・ライブ『ロミオとジュリエット』

美術
・「アスリート展」@21_21 DESIGN SIGHT
・岡本太郎記念館@青山
・山崎博「計画と偶然」展@東京都写真美術館
・蜷川実花展@静岡県立美術館

こんな感じ。
加えて、フルマラソンと確定申告があったわけで。

インプット、基本静岡か東京。
ホントは愛知とか関西圏も行きたいところなんだけど、住み慣れた東京は駅や道で迷わないから時間配分計算できるから、気軽に行けちゃう。
交通費もやり方次第でそんなかからないし。

特に印象に残ってるのは、笈田ヨシさん演出の『蝶々夫人』。
久々にオペラ鑑賞?観劇?したってのもあるけど、設定が戦後の長崎になっていて、夫人に派手さが無い分実にリアルなものになっていて、笈田さんの幼き記憶を垣間見た、そこにオーケストラの演奏が加わり実に重厚感ある舞台になっていた。
開演前にロビーに笈田さんいらしたからご挨拶だけさせて頂き、ちょっとハイテンションで観劇したのはここだけの話。笑

あとは久々に桐朋の卒業公演を見て、自分の卒業した時(もう11年前)を思い出し学生の熱量を感じ元気をもらい、小堺さんの舞台でおすましがラストということでその姿を目に焼き付け、楽屋でご挨拶させて頂き元気もらって、ブラナーのロミジュリは何で白黒編集にした!?となり(笑)、カリオストロの城で初4DXを体験して飛んでくる霧が眼鏡にかかりマジウザくて(笑)、ととりあえず色々楽しんでた。

東京に行く際は、今劇場や美術館でやってるものを行く前にざっくり調べるのだけど、美術館に関してはどれも当たり。
山崎博「計画と偶然」展は特に良くて、山崎博さんを正直知らずに見に行ったのだけど、天井桟敷で一時期舞台監督やってた方だったんだね。
そこから写真家に転身したらしいのだけど、展示の中に寺山修司さんやら土方巽さんやら山下洋輔さんやら、個人的にすんげぇツボる方ばかりでおもいっきり楽しんでしまった。
写真もどれも面白くて、これ、かなりオススメです。
東京都写真美術館も新しくなったし、まだ新しくなってから行ってない方は是非この展示目当てでどうぞ。

アスリート展は展示半分、体験型半分だったので、1人で地味にはしゃいで(笑)楽しかった。
前から思ってたのだけど、アスリートは科学的に分析してそれを実践へと繋げるシステムがあるのだけど、誰かアーティストを科学的に分析してくれないもんかね。
それがどう繋がるかわからないけど、様々なアーティストを分析したら面白いことになるんじゃないかなぁ。

ということで、インプット一先ず終了。
これからGWにかけてはまたアウトプットが多くなるので、インプットしたものをうまく出演舞台に活かせたらいいなと思う次第です。

あっ、静岡雨降ってきた。
時間はあっという間に流れるねぇ。

|
|

« 初のフルマラソンでした。 | トップページ | SPAC、アヴィニョン演劇祭でオープニング演目に! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409678/69926635

この記事へのトラックバック一覧です: インプット:

« 初のフルマラソンでした。 | トップページ | SPAC、アヴィニョン演劇祭でオープニング演目に! »