« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月28日 (月)

朗読ってなんだろね。

先々週のめちゃイケをご覧になられました方、どっきり企画があったかと思いますが、ドッキリ仕掛け人の一人としてTOSHIと見栄晴さんの目の前に座っていたグレーのスーツの男は、実は弟でした。
気付かれた方、僕までメッセを。笑

昨日、磐田市の満徳寺で行われました『仏教讃歌コンサート』、朗読でゲスト出演しまして無事に終わりました。
お越し下さった皆様本当にありがとうございました。
お寺の住職さんとは、磐田こどもミュージカルに参加した事がご縁での、もうかれこれ20年近い付き合いになるわけですが、大人になってもこうやってご一緒できることは本当に奇跡なもので、またこうやって地元で何かやるというのは、自分が東京から静岡に戻って来て活動に掲げた1つでもありまして、着実にそれが実行できていることは確かなものとなってます。

今回は三蔵法師のモデルにもなっている「玄奘」を演じまして、この人物は唐の国から3万キロもの道のりを乗り越えインドに入り天竺にて仏教の教えを学び、やがてそれを持ち帰り20年以上かけてサンスクリット語を翻訳するという、はっきりいって狂人ではないかと思うわけです。
しかしこの方がいなければ日本へ仏教が伝わったのはもっと遅かっただろうし、その様な超人な僧侶を、これがまたお寺で演じるんだからもう冷や汗もでるわけで。
30分ものの作品だったので、玄奘の一生を、歌を交えながらで紹介要素が濃い内容でしたが、それでも感動したというお言葉は本当に嬉しいものでした。
またやるんだとしたら、もっと勉強は必要ですが。
 
普段の舞台に立っての観客との距離と、ちょっと雛壇で高くなってるだけで目の前にお客様がいる距離とでは感覚は全然違って、まぁとにかく緊張したわけで。最初早速噛んだし。苦笑
また朗読って難しくて、特に言葉を伝える事をいつも以上に意識しなければならない。
また、片手に台本を持ってそこからちょっと動きを入れようものならとにかく段取りを考えなければならない。
ゲネで段取り間違えて動揺して自滅したのは僕です。苦笑

朗読ってなんだろうって考えるのです。
それは以前東京で永井愛さんのリーディング公演に出た時から始まっているのだけど、普通の“公演”とどう違うのだろう。
動きを最小限にとどめ言葉を特化させる、観客は耳に入ってくる言葉から想像力を最大限に膨らませ、独自のイメージを創造し構築する。
同時に朗読は言葉による音楽でもあり一曲は交響曲の様でもあるわけで、演劇でもあり音楽でもあるその奥深さたるや、これはまだまだ自分の課題であります。

とりあえず、ここからは完全に新作へギアを回します。
まずはGW、みんな見に来てね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年3月11日 (金)

震災から5年。

震災から5年、あっという間。

5年前はまだ東京に住んでいて、帰宅難民になりかけたところ運良く電車が普及して終電くらいの時間で帰宅できたんだった。

その後、震災から3ヶ月後に被災地へボランティアに行って、とにかく実感にとしてこの目で見ておきたかった自分がいた。

こういう時だからこそ演劇ができることに感謝しようと、大学の先生と飲みながら話した。

ボランティアでお邪魔したお宅の方たち、元気にしてるかな。


http://www.j-wave.co.jp/blog/hearttoheart/2011/06/

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年3月 3日 (木)

今年も「ふじのくに⇄せかい演劇祭」がやってくる!

4年1度の閏日(大荒れの天気でしたね)が終わり、3月突入。
今月11日は東日本大震災から丸5年。
こうやって時間はどんどん進んでいくわけですな。
GWの演劇祭もあっという間にやってきてしまうのでしょう。

ということで、毎年恒例「ふじのくに⇄せかい演劇祭」が今年もやってきます!!
出演する、SPAC新作『イナバとナバホの白兎』は、劇場を飛び出して駿府城公園内に特設舞台を組んで上演!
稽古場では毎日、因幡の白兎やアメリカ先住民「ナバホ族」など、頭を捻らせては傾げて凭れて閃いてを繰り返し、あーだこーだ言ってやってます。
現段階、どんな作品になるかは全くの謎です。笑
この作品、6月にはフランス・パリにある、ケ・ブランリー美術館でも上演します、3年前にも『マハーバーラタ』を上演した場所です、はい。
どうぞ皆様、新作を目撃してください。

静岡芸術劇場や舞台芸術公園内の野外劇場「有度」では、各大陸を代表するカンパニーが集結し公演します。
芸術監督曰く「大陸対抗オールスター戦、演劇版。敗者のいないデスマッチ」だそうです。
戦いは永遠に終わらないそうです。笑
ここ何年か、演劇祭で野外劇場「有度」はSPACが上演していましたが、今回は駿府城公園に飛び出すという事もあり、「有度」で上演するのはアヴィニョン演劇祭のプロデューサーでもあります、オリヴィエ・ピィ氏が担当。
なんとこちらの公演、小学生以下無料!!(先着40名、要予約)
こどもから大人まで楽しめます、お見逃しなく。
他の作品も、どれも要チェックですよー!!

加えて、今年はアヴィニョンでいう「オフ」にあたる、関連企画公演も熱い!
「ストレンジシード」では、カンパニーデラシネラ、FUKAIPRODUCE羽衣、CHAiroiPLIN、冨士山アネットなど今注目のカンパニーが静岡に集結。
個人的には、スズキ拓朗率いるCHAiroiPLINが来てくれるのが非常に嬉しい。
大学同期のスズキ拓朗、共に演劇祭を盛り上げます。

しかし寝場所が・・・という方には、「みんなのnedocoプロジェクト」があるのでご心配なく。
期間限定ゲストハウスで、町の集会所やお寺など地域との触れあい満載のホームステイ型になってます。
せっかく静岡来たなら観光もしていきましょうよ!
富士山綺麗よ、海やら山の幸がうまいよ、あとお茶とみかんととろろとトトロ。笑

観劇だけではなく是非「フェスティバルBar」にも参加を。
観劇のお客様やら出演者やらごっちゃになって飲んで語らいましょう。
実はこれが1番楽しかったりするのはここだけの話。

おかげさまで、全演目パスポートが早くも完売となりました。いやーびっくり。
各演目のチケットは絶賛販売中です!
複数名で観劇されると割引がありお得です。

GWは是非静岡へ!お待ちしてます!!

http://festival-shizuoka.jp

Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »