« 黒蜥蜴、終了! | トップページ | 今年も「ふじのくに⇄せかい演劇祭」がやってくる! »

2016年2月20日 (土)

きっと騙されてまだまだ演劇するのだと思う。

取り留めもなく。

先日fb(fbもやってます。笑)に、「この記事から〇〇年です。」みたいなのが勝手に出たのだけど、その内容が4年前にSPACのオーディションを受けた日のことだった。
オーディション受けてからもう4年経ったなんて、そりゃ自分も歳をとるわけだ。

4年前イベント制作会社の社員に誘われてて、そっちを選べばお金は入る様になっただろうけど間違いなく演劇はやめなくちゃならない状況で。
じゃあ演劇を続けるとしたらどうすればいいかも考えて、SPACのオーディションがだめだったら諦めようと思っていた矢先に合格を戴き(『マハーバーラタ』への出演)、結果ここなら自分の描く演劇活動ができるという思いに至り、東京を離れ地元静岡に帰って来たわけです。

僕には地元にSPACという演劇活動ができる環境があったことは本当に運がいいの一言で、でも運がいいというのは偶然ではないと思っていて、またそのタイミングというものは突然現れるわけではなく、実は常日頃の活動の結晶の賜物だと思ってる。
決断というものは時には何かを捨てなければならないことも必要で、僕の場合は東京で過ごした間にお世話になった方を裏切る様なことになってしまったなと感じているのだけど、でも結局その恩を返す行為は自分で決めた演劇の道で必死に活動して頑張ってる姿を提示していくしかないのである。
おかげでやりたいことはできてるので後悔は無いし、ますます地元での活動に気合いが入っている。

地味に効いてるのは、こどもミュージカルでお世話になった先生の言葉や東京の制作会社の方の言葉で、特に社会を回してる方の言葉にケツを叩かれた時はもう腹を括るしかないと思いましたね。
芸術活動というのも、見方変えればただ浮かれてるだけってもんです。
大学でお世話になった先生が静岡にいるってのは心強かったのですが、これらの要素もきっと必然です。

今思うと、5年前に新国立劇場に立てたことで1つの目標が達成されて、新たな目標が明確になったことがよかったんだなと。
と、別に今はもう東京で演劇やらないとかそういうことではないのであしからず。笑
今でもオーディション情報は常にチェックしてるし、そこは貪欲にいかないと。
でも間違いなく東京での経験が今の自分を作っていて、これから演劇をやりたい人には一度東京でもまれてきた方がいいと言いたい。
或いは、一層の事海外に出た方がいい。

また最近劇団という存在についても考えるのだけど、外部出演、所謂”客演”というポジションも非常に重要で、俳優でも客演経験が無い方は積極的にするべきだと考えるわけです。
やはり1つの団体にいると、どうしてもマンネリは避けられないですよ、変な馴れ合いも生じるし。
それは普通の企業でもきっと同じなんだろうけど。

30過ぎて益々同世代演劇人口は減ってきました。
続ける事も才能、なんて言葉があるけど、もしかしたらそうなのかななんてその言葉に酔って騙されてこれからも僕は演劇を続けるのだと思います。

|
|

« 黒蜥蜴、終了! | トップページ | 今年も「ふじのくに⇄せかい演劇祭」がやってくる! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409678/64060631

この記事へのトラックバック一覧です: きっと騙されてまだまだ演劇するのだと思う。:

« 黒蜥蜴、終了! | トップページ | 今年も「ふじのくに⇄せかい演劇祭」がやってくる! »