« 『王国、空を飛ぶ!〜アリストパネスの「鳥」〜』終幕。 | トップページ | 黒蜥蜴、進行中。 »

2015年11月30日 (月)

感覚ってやつは。

『黒蜥蜴』の稽古、最近は劇中曲の作曲・演奏稽古が主なんだけど、棚川さんが描き出すメロディーが美しい。
周りの音を聞いて創りあげていくのだけど、楽器選びから音・リズム・スピードなど、選択されたものが1つに合わさって曲を紡ぎだす。
そもそも作品が美しいし、なんだか神秘的で妖艶な世界観になりつつある。

やっぱり楽器演奏って楽しいんだな。
芝居とはまた違う身体感覚なんだけど、でも共通する部分は多々あって。
台本って楽譜だったりもするんだよね。

桐朋時代の授業で、自分自身を見つめて一人芝居を作る「自画像」っていうのがあったのだけど、そこで僕は将来演劇の道か音楽の道かで迷った経緯を作品にしたことがあって、でも結局演劇をやっていても音楽要素も十分必要なんだなと後でわかったことなんだけど、なんだかそんなことを思い出したり。

桐朋学園芸術短大創立50周年記念公演で『ミュージカル 若草物語』(といっても、オルコットの原作を基に福田善之さんが作ったオリジナル作品)が、現在調布のせんがわ劇場で上演されてる(本日30日まで)のだけど、自分の卒業公演でこの作品を俳優座劇場でやって、この時の役・ブルック先生と、また在学中にやった『ブンナよ、木からおりてこい』の百舌役が、実は自分の中では1、2番に良かった様な気がしていて、それを超えられてないんじゃないかって未だに思ってる。
あの時は10代の最後、20代の始まりで毎日演劇の勉強漬けでとにかく我武者羅だったし、きっと純粋に演技に、舞台に立ってた気がするんだよね。

短大卒業から10年経って、まず今も演劇を続けられてることに感謝してるのだけど、状況の変化も色々あったけど、同時に雑念も増えたなって。
大人になったんだよって言われればそれはそれなんだけど、満足してないよね。
確かに、30歳になって舞台に立って、以前には無かった新しい感覚が生まれてることも確かなのだけど。

じゃあまた10年後はどうなってるのか。
静岡を中心に引き続き演劇はやっていたいところ。
そのためには、やっぱり東京ではできない何かオリジナルな活動が必要なんだな。
ここいらで、1つ将来の投資をしてもいいと思ってる。
あとは何をどうやるかって問題で、逆にこんなことやってみたいって人がいたら是非声かけてほしいな。
自分としては、あの人とちょっと話してみて何か企画ができないかなんて仮作してる。
演劇は別に演じるだけが、見るだけが全てじゃない。
もっと様々な形で有効利用できるものなので、演劇の新しい可能性をもっと探りたいと思う。


余談、ジュビロが無事にJ1復帰して、とりあえず先週はハッピーでいられました。笑
んー、サッカーやりたいんだよね。フットサルでもいい。巧い下手は別ね。
ジュビロはサッカーだけじゃなくて、今はラグビーも熱い。
あれね、五郎丸選手が在籍してるし清宮監督ってのも話題性持ってるよね。
組織的なスポーツを見ると、これまた演劇的な妄想に耽ってしまうのは、最早職業病。

|
|

« 『王国、空を飛ぶ!〜アリストパネスの「鳥」〜』終幕。 | トップページ | 黒蜥蜴、進行中。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409678/62740727

この記事へのトラックバック一覧です: 感覚ってやつは。:

« 『王国、空を飛ぶ!〜アリストパネスの「鳥」〜』終幕。 | トップページ | 黒蜥蜴、進行中。 »