« いよいよ本番。そしてテレビにて特集放送。 | トップページ | えっ、最近は? »

2013年9月16日 (月)

丸山静江物語、終演。

おかげさまで、劇団静岡県史『丸山静江物語〜静岡にもいた、おしん〜』が無事に終了致しました。
台風上陸前で天候に恵まれ、2日間で約470名の方々に見て頂けました。
本当にありがとうございました。

公演当日は、丸山静江さんの次女・千鶴子さんもお越しくださり、感謝のお言葉を頂きました。
静岡にもいたおしん、ということで、明治時代生まれの静江さんの今では考えられない様な貧しい生活に触れた今回ですが、戦争も重なったりと不便で毎日を必死に生きていた当時は、はたして本当に不幸せだったのかと考えてみると実はそんなことなくて、逆に今の超便利時代の方が生きる意味をや自分の生きる価値を見失っていて、生きる力はよっぽど昔の方があり、そして幸せを見つけるのがうまかった気がします。

何を持って幸せかは各々あると思いますが、個人的には「古き良き時代」というものに非常に憧れていて、といってもその時代は昭和の戦後復興の日本のことだと思いますが、こんなに便利じゃなくても僕はいいと思うのです。
生きたくても生きられない人もいる、そういった方がいる以上は僕は生きてることだけでも幸せで、且つ自分の好きなことをできている。
まぁそう簡単に死んでたまるかってわけですね。

今回作品は実にシンプルでわかりやすかったこともあり、見てくださったお客樣方から好評で、またすぐに何か感じとることができたみたいで、こういった芝居も必要だなと感じました。
どちらかというと、普段難しい芝居してるので。笑

なによりは僕として、今回全然舞台に立ったことがない方々と共演できたことが楽しくて、様々な発見の連続で非常に勉強にもなりました。
ここで得たことは後々の自分の野望のためにしっかり取っておきたいと思います。
本当にありがとうございました。

というわけで、夏から4つの作品を同時並行でこなしてきまして、これで3つ終わりちょっと心に余裕ができました。
次は11月に、SPAC『わが町』に出演します。
こちらも身近な幸せを改めて見つめ直す作品になっていて、本当に素敵な作品です。
多くの方に見て頂けたら幸いです。
宜しくお願い致します。

|
|

« いよいよ本番。そしてテレビにて特集放送。 | トップページ | えっ、最近は? »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409678/53279088

この記事へのトラックバック一覧です: 丸山静江物語、終演。:

« いよいよ本番。そしてテレビにて特集放送。 | トップページ | えっ、最近は? »