« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月16日 (月)

丸山静江物語、終演。

おかげさまで、劇団静岡県史『丸山静江物語〜静岡にもいた、おしん〜』が無事に終了致しました。
台風上陸前で天候に恵まれ、2日間で約470名の方々に見て頂けました。
本当にありがとうございました。

公演当日は、丸山静江さんの次女・千鶴子さんもお越しくださり、感謝のお言葉を頂きました。
静岡にもいたおしん、ということで、明治時代生まれの静江さんの今では考えられない様な貧しい生活に触れた今回ですが、戦争も重なったりと不便で毎日を必死に生きていた当時は、はたして本当に不幸せだったのかと考えてみると実はそんなことなくて、逆に今の超便利時代の方が生きる意味をや自分の生きる価値を見失っていて、生きる力はよっぽど昔の方があり、そして幸せを見つけるのがうまかった気がします。

何を持って幸せかは各々あると思いますが、個人的には「古き良き時代」というものに非常に憧れていて、といってもその時代は昭和の戦後復興の日本のことだと思いますが、こんなに便利じゃなくても僕はいいと思うのです。
生きたくても生きられない人もいる、そういった方がいる以上は僕は生きてることだけでも幸せで、且つ自分の好きなことをできている。
まぁそう簡単に死んでたまるかってわけですね。

今回作品は実にシンプルでわかりやすかったこともあり、見てくださったお客樣方から好評で、またすぐに何か感じとることができたみたいで、こういった芝居も必要だなと感じました。
どちらかというと、普段難しい芝居してるので。笑

なによりは僕として、今回全然舞台に立ったことがない方々と共演できたことが楽しくて、様々な発見の連続で非常に勉強にもなりました。
ここで得たことは後々の自分の野望のためにしっかり取っておきたいと思います。
本当にありがとうございました。

というわけで、夏から4つの作品を同時並行でこなしてきまして、これで3つ終わりちょっと心に余裕ができました。
次は11月に、SPAC『わが町』に出演します。
こちらも身近な幸せを改めて見つめ直す作品になっていて、本当に素敵な作品です。
多くの方に見て頂けたら幸いです。
宜しくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年9月13日 (金)

いよいよ本番。そしてテレビにて特集放送。

さて、日付変わって本日13(金)19時より静岡県舞台芸術公園 野外劇場「有度」にて『丸山静江物語〜静岡にもいた、おしん〜』を上演します。
天気は大丈夫そう。当日券もありますよ!

それに先立ちまして、同日16:45から静岡第一テレビのニュース番組「〇ごとワイド」で、SPACと県民とのかかわりに焦点を当てた特集が放映されます。
先週行われたゲネプロ風景も放映されるということで、是非こちらもご覧くださいませ。
◯ごとワイド見て、その足でそのまま劇場へ!!イェーイ。


また先日、全国知事会主催の「第6回先進政策創造会議」が開かれ、約2,800件の政策が登録されている「先進政策バンク」の中から、SPACの取り組みが最優秀の先進政策大賞に選ばれたということで、この県民劇団の企画も、普段芝居をやったことが無い県民が舞台に挑戦し、それは心を豊かに育む文化事業の一つの成果であります。
一生懸命やっている姿を多くの方に見て頂きたい、本当にそう願います。

皆様のご来場、心よりお待ちしております。

http://www.spac.or.jp/kenmin_201309.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年9月 3日 (火)

次へと。

ご報告が遅くなりましたが、磐田こどもミュージカルの公演、無事に終了しました。
10年ぶりに戻ってきた原点は居心地がよく、思い出が巡り、そして自分も年をくったなと。笑
顔は知らなくても多くの後輩ができてそしてそれぞれが自分の道に進んで、なんだか感慨深いものです。

こどもたちからもたくさんのことを学ばせて頂き、改めて自分の仕事は何なのかと考えさせられました。
公演終了後のみんなの涙は忘れられません。

心を育むもの、それは芸術。
僕は演劇を通してそれを皆様にご提供していきます。

というわけで、静岡大学のアートマネジメント力育成講座というものを今受講してます。
その名の通り、アートマネジメントを学ぶわけです。
これを生かして、後々の野望のために・・・。

しかし、大学キャンパスライフはいい!!(疑似体験。笑)

 Dscn0647


Dscn0649


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »