« 帰国です。 | トップページ | 現実の事実。 »

2013年3月 1日 (金)

ケ・ブランリー美術館公演。

舞台は、SPACの俳優・スタッフ、そして現地のスタッフで作るわけですが、まぁこのケ・ブランリー美術館の劇場は搬入口がやたら遠くてですね、100m以上の移動を何往復もしまして。
最後の方には変なテンションになってたのは言うまでもないです。笑

Dscn0204

Dscn0253


Dscn0305


Dscn0300

ポスターのモデルさんは、僕達は全然どなたか知りません。笑
最初はなんじゃこりゃ!って感じだったけど、以外と愛着湧きましたね。

|
|

« 帰国です。 | トップページ | 現実の事実。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409678/49732464

この記事へのトラックバック一覧です: ケ・ブランリー美術館公演。:

« 帰国です。 | トップページ | 現実の事実。 »