« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月31日 (木)

フランスへ。

いよいよフランスに出発となりました。
5年ぶりのフランス、その時も公演で行ったのだけど、再び公演でフランスに行けるとは夢にも思わずなんとも縁を感じます。

NEW『マハーバーラタ』、素敵なものになりましたよー。
キャスティングが変わればあたりまえに芝居も変わるわけで、しかし同じ作品なのに取る人によってはこうも変わるものかと。
そして、自分も再演といっても同じことをするわけではありません。
改めてこの作品と向き合った時、そこには新しい発見があり様々な可能性を考え動きを構成し直したりと、とにかく粘っております。
無限の可能性を秘めた演劇はたまらなく楽しいわけです、はい。

昨年夏の公演をご覧になった方はご存知かと思いますが、芝居の中で、僕はちょっと客いじりする所があるのですよ。
そりゃーね、日本人のお客様だとやりやすいですよ。笑
しかしフランス人の皆様となると、まぁ何がウケるかわからないわけで。
だからといって、別にウケ狙いにはいきませんよ。
「あー、あの人汗びっしょりで頑張ってるなー。」と思われればいいかと思ってます。笑
でもそれって面白くないですか?
一生懸命な人の気持ち、言葉はなくともきっと伝わるはず!
と、信じてやるのみです。笑

はてさて、フランスの皆様はどんな反応をするのでしょうか。
もちろん、この機会に日本からパリに観光兼ねてご観劇して頂けたら幸い、お待ちしておりますよ!笑


20130109_144804


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年1月10日 (木)

マハーバーラタは進化する。

口内炎が痛いです。治りません。
朝は必ずサラダ食べてるんですけどねー、疲労なのかストレスなのか。
でもこう芝居の稽古が始まると、口内炎だのヘルペスだのできるのは毎度の事なので、まぁあまり気にしてません。笑
今いる所は日本平の原生林に囲まれている所なので、空気と水は間違いなくうまくこれだけでも疲労回復になるってもんです。
富士山も綺麗で素晴らしい。

マハーバーラタは進化を続けてます!
昨年の夏の公演とはまた一味違った感じになってて、キャストも変わったのもあるけども、こう同じ作品がまた違うものに化けるというのは快感でございます。
感性って不思議ね。
また今回客層はフランス人の皆様ですから、まぁまたいろいろ考えるわけです。
というわけで、フランス人がウケそうなネタを募集します!笑
今フランスで流行ってるものとか知ってる方、教えてください!
ネタ次第で、どんな感じになるかわかないけど芝居に組み込みます。笑

明日も稽古、楽しもっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年1月 5日 (土)

謹賀新年2013。

皆様、あけましておめでとうございます。
昨年も気まぐれ日記をご覧くださり、誠にありがとうございました。
えっ?気まぐれじゃなくってしっかりやれって?
んー、ちょっと考えさせてください。笑

こうやって「あけましておめでとう」って言っても、来年もすぐきちゃうんですよね、きっと。
と、新年早々来年を考えるという。笑
いやー、今年もどんな年になるのでしょうか。
どんな事があるにせよ、とにかく健康だけは気を付けたいと思います。
毎度思ってますが、本当に健康第一。
これを外せば何もできなくなりますからね。
自分も家族も友人も、そして読んでくださってるあなたも!!
みんなみんな病気も事故も無く健康な1年でありますよう、心から願っております。

そしてついでで結構ですので、ほんのちょっと、ほーーーーーんのちょっと、僕が今より活躍できるよう願って頂けたら幸いです。笑

さて今年最初の舞台は、昨年夏に公演しました、SPAC『マハーバーラタ』の再演でございまして、なななんと、公演はフランスでございます!!

ワーーーーーー!!!!!

はい!というわけで、今は静岡舞台芸術公園におります。
明日から稽古でございます!!
一ヶ月ない稽古なので、限られた時間で前回とはまた違う面白いものができたらと思います。
がんばりまっす!!

そうそう、余談ですが、フランスと言えば今上演中の『レ・ミゼラブル』!!
皆さんご覧になりました?
僕はもちろん見まして、結果、僕は舞台より好きでしたねー。
なんていってもわかりやすい!そしてそして!!わかりやすい!!!笑
はい、舞台見たとき物語を一定時間見失いましたもので。
ちなみに、レミゼのいくつかの曲は大学の時に練習したので歌えます。
ってか、映画見ながら口ずさんでました。笑

ミュージカル好きは相変わらずな僕ですが、今年もどうぞよろしくお願い致します。


横山 央

Dscn0031


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »