« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月23日 (火)

常に自分を疑う。

ブログの更新が無い時は、精神的に余裕が無い時です。笑

本番まで20日を切りまして、稽古場でも細かい作業作りに入ってます。
これまでの部分稽古から通し稽古に切り替わり、そうすると全体の流れが見えてきてまた違った発見が多く、こういう発見の連続を大切に汲み取り、また新たにあーでもないこーでもないと言いながら作るわけです。

僕は常に心がけとして、「常に自分を疑う」ということをもっています。
稽古というのは繰り返し行うことで体に馴染ませ、動きと言葉に説得力を持たせていきます。
ある所まで行くと「この時はこの動き」という形で決まるわけですが、しかしそれは早い段階で決まってしまうと実は恐ろしいもので、新しい発見ができなくなるのです。
稽古というのは、さっきも言った様に「あーでもないこーでもない」を繰り返し、発見と実践をしていく空間です。

例えば「ありがとう」という言葉があったとして、しかしこの言葉が決して心から感謝の言葉だとは限りませんよね?
それは状況によって変化するもので、感謝の気持ちなんて無くても「ありがとう」という場面もあると思います。
その場面にあった心情で言葉を発する、それがどんな言い方なのか、稽古というのはその実験の場所なのです。
だから時間もかかる、それは無限の可能性を秘めているから。
そこからどれを選ぶかが役者や演出家の仕事だと僕は思っています。
しかし元を辿れば、やはり見て頂く皆様が楽しんでくれればこそ!
ギリギリまで粘って、素敵な作品にしますよ!!

今回120人定員となっていますが、なんと11/10(土)が既に満席に近い状態!ありがたい!!
興味ある方、観劇ご応募はお早めにお願いします!!


さぁ、今日も稽古なり。

20121014_183351


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年10月13日 (土)

アイム・ミュージックマン(元々)。

ちょっと体力酷似し過ぎました。
たまにやっちゃうんですよ、そろそろやばいかなーと思っても体は動くから平気かなーと思ってるとやっちゃう、体は正直ですね。
でもおかげで久々にたっぷりゆっくり寝られました。
共演者の方やバイト先の方にはご迷惑おかけして申し訳なかったです。

で、今はと言いますと、気持ち的には爆発したいです。笑

たまにありません?
こう、ムシャクシャして遠く行きたくなるとかカラオケで籠って歌いたくなるとかお金使いたくなるとか。
で、僕はお金が無いのでお金使わずに爆発できる方法を考えるわけです、経済的。笑

で、で、最近はと言いますと、「8時だよ!全員集合!」のDVD観て笑ってストレス解消。
なんて経済的&陰気。笑
なんでしょう、自分も音楽をやってたせいですかね、コミックバンドが面白くて。
コミックバンドってそう簡単にできるものじゃないじゃないですか!
音楽の腕があって笑いの腕があって初めて成立すると思うのですよ。
そうですねー、ザ・ドリフターズ以外で思いつくのはビージーフォーとか。

ザ・ビートルズ来日ライブの前座の一つとして登場したザ・ドリフターズとか、巧いくせに面白い!
カトちゃんが踏むバスドラに合わせて他のメンバーがいちいちズッコケるのですよ。
そして長介さんが「解散!」って言って去る、最早やり逃げ。演奏時間約1分。サイコー。

最近はコミックバンドはめっきり聞かなくなりましたね。
音楽も綺麗に演奏することも素敵だけど、こう、くだらなく演奏とはまた違った魅力が見られると面白いのに、と思うこの頃。
と、僕も港大尋さんに出会うまでは、楽器で綺麗に演奏!みたいな考えでしたけど。

えぇ、今は音楽漬けな時間を欲してます、やっぱり僕の原点は演劇ではなく音楽ですから。
で、音楽も色々あるわけですが、今はクラシックとジャズですかね。
ボーカルとかいりません、言葉は毎日使いまくってますから。

あー、吹奏楽部の仲間とまた合奏したいなー。

あっ、ヘルペスできました。

ダメだこりゃ!次いってみよー!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年10月 2日 (火)

10月になり。

秋も深まり・・・かと思えば残暑!?
朝夜は涼しくなりましたが、昼はまだまだ暑いですね。
こんな気温の変化が激しいと、もう鼻水が止まらなくなりますよ!!

10月、神無月。島根県だけ神在月。
島根のお祭り行きたいなー。
というか、地元もお祭りシーズン。
東京に来てからすっかり参加できなくなってしまってなんだか淋しいのですが、うちの地元のお祭りはでっかい山車をみんなで引きます。
全長約2.5m、高さ3m程の山車を、前面に付いている「てぎ」と呼ばれる木で組まれた棒を大人が押し、そこに括りつけられた綱引き太さの綱を子供含めみんなで引くというもの。
そしてその山車の中に、小太鼓を叩く子供2人、大太鼓・笛とそれぞれ大人1人、最上部につけられた出し物(人形)を電線や木から守る人が1人乗っていてと、いやー、これが重くて重くて、みんなの力具合が一致しないと前に進めないわけですな。
そんなどでかい山車を、一日かけて全長約3kmの道のりを往復するわけです。
と、途中で隣の区の山車と交わることもあり、そしたら「テッカ」と呼ばれる、要はバトルですな。
山車を上下に動かしてまぁ大きく見せるわけです。
いやー、この興奮はたまりませんよ。
皆様にも見て頂きたいのだけど、写真がありません。笑
東京では御神輿がメジャーですかね?
地域に根付くそれぞれの文化、日本全国多種多様に存在すると思うとワクワクします。

さて、僕はリーディング公演が終わってからは11月の公演に向けて稽古の日々を送っています。
主役をやるわけですが、こんなにセリフがあるのも久々で、なんだか覚えられない自分に自己嫌悪でございます。
ってか、こんなに記憶力悪かったかなー。
とにかくやりしかないのでやります。笑

あー!時間が欲しい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »