« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月24日 (月)

リーディング公演終了!

リーディング公演『浮世混浴鼠小僧次郎吉』は超満員の中、無事終了しました。
お越しくださった皆様、本当にありがとうございました。

Space早稲田の小劇場の熱気はいつ来てもいいですな。
お客様との距離が近過ぎて、寧ろ困ります。笑

リーディング公演なのに蕪を生でかじりつき、なんだか結構好き勝手にやってた気がします。笑
でもリーディング公演って本当に難しくて、というのもどこかに必ず素の部分が残り見え隠れするわけで、役になりきらないというのが逆に緊張するのですよ。
永井愛さんのリーディングに出演した時もそんな感じでした。
でも面白かったな、ホント。

さてさて、僕は今年、これで東京で舞台に立つことはありません。
11月は静岡県藤枝市、来年も東京ではなく、またその稽古も東京ではないので、最早東京いないこと多いっていう。
個人的には地方と繋がれるというのは嬉しいことなんですけどね。

さて、次は11月『蔦紅葉宇津ノ谷峠』と、歌舞伎を現代版にした作品をやります。
場所は静岡県藤枝市にある『柏屋』という、東海道の宿場でやります。
今は展示場となっていて、その中庭に特設ステージを組んでの野外上演です。
僕は主演ですよ!!!!

みんな見に来てね!!

現代版『蔦紅葉宇都谷峠』(つたもみじうつのやとうげ)

「しがらむ蔦の細道で、血汐の紅葉血の涙、この黎明(ひきあけ)が命のおわり、許して下され文弥どの」

【原作】河竹黙阿弥 【脚本・演出】仲田恭子
【出演】
横山央 平野雄一郎(劇団キンダースペース) 萩原ほたか 杉山雅紀(PLATINUM−S) エイキミア わかばやしめぐみ  他

【日時】11月10日(土)・11日(日)18時開演(全2回・雨天決行/荒天中止)
【観覧料】無料
【会場】国登録有形文化財 大旅籠「柏屋」中庭
(〒421-1121 静岡県藤枝市岡部町岡部817番地 TEL 054-667-0018)

大旅籠「柏屋」
http://www.city.fujieda.shizuoka.jp/shisetsu_bunka_kashibaya.html

定員が120名様となっております。
ご予約はお早めに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年9月18日 (火)

21(金)・22(土)はリーディング公演。

皆様にご案内。

今週21(金)・22(土)にリーディング公演があります!!
個人的に、このリーディング公演で今年の東京での公演は最後になります。
いや、もしかしたら実質東京は最後かも、よ!?
リーディング公演なので、チケットもお手頃価格。
まだ予約承っております。見に来てね!!


Space早稲田演劇フェスティバル特別企画(9/20(木)〜23(日))
現代演劇の源流を探る
「1960〜70年代傑作戯曲を読む〜山元清多・佐藤信〜」

『浮世混浴☆鼠小僧次郎吉』
(作:佐藤信 演出:小林七緒)
【日時】9月21日(金)19時/22日(土)17時 全2回
【料金】前売:¥1800 当日:¥2000 学生・25歳以下:¥1500円
【会場】Space早稲田(東京メトロ東西線「早稲田」駅1番出口徒歩3分)

※上演時間は1時間30分を予定、会場は開演の20分前
※日時指定・全席自由(各ステージ50名様限定) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年9月13日 (木)

すっかり9月、でもまだ夏。

どーも皆様、ご無沙汰しております。
更新滞ってますね、すみません。

「なんで更新しねーんだ!ばかやろう!!淋しいじゃねーか。」

と思ってくださってる方、そんなあなたには後日おごります。笑

なんだかんだ忙しくしている次第。
来週にリーディング公演を控え、11月に静岡県藤枝市岡部にあります「柏屋(かしばや)」という昔の東海道の宿場にて行う公演の稽古といろいろ同時に進行しております。

今年はなんだかんだ地元静岡での仕事が多く、なんだか嬉しい限り。
個人的には今地方で行われている演劇に興味がありまして、これからは東京だけではダメだなと、まぁ勝手に思っている次第で、だからこう東京以外で仕事を頂けることに感謝してます。

8月末には、富山県南砺市にあります利賀へSCOT(Suzuki Company Of Toga)の公演を観に行ってきました。
東京から富山へ、初めてのその道のりは険しくそして有意義なものでした。
わざわざこの地へ足を運ぶのは、ここでしか見られない公演があるからです。

『世界の果てからこんにちは』


http://www.ryuzanji.com/Img_2337


野外劇場の芝居で、日本で唯一でしょう、演出で花火を使う、それも打ち上げやら仕掛けやらもう大量に。
これが観たくて行ったわけです。
いやもう素晴らしかった、遥々東京から来た甲斐があったというものです。
そう、それこそが舞台の醍醐味、ここでしか見られない公演!
こうやって僕の夏も終わった気がします。

素晴らしい夏、一生の思い出。
こういう楽しみがあるからこそ生きて行ける気もします。

来週のリーディングもがんばって、そして楽しみたいと思います!
みんな見に来てね。


Space早稲田演劇フェスティバル特別企画(9/20(木)〜23(日))
現代演劇の源流を探る
「1960〜70年代傑作戯曲を読む〜山元清多・佐藤信〜」

横山出演

『浮世混浴☆鼠小僧次郎吉』
(作:佐藤信 演出:小林七緒)
【日時】9月21日(金)19時/22日(土)17時 全2回
【料金】前売:¥1800 当日:¥2000 学生・25歳以下:¥1500円
【会場】Space早稲田(東京メトロ東西線「早稲田」駅1番出口徒歩3分)

※上演時間は1時間30分を予定、会場は開演の20分前
※日時指定・全席自由(各ステージ50名様限定) 

【お問い合わせ】
〒162-0045 東京都新宿区馬場下町60-307
TEL03-5272-1785   FAX 03-3205-9170

「流山児★事務所」HP

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »