« 『マハーバーラタ』舞台裏1 | トップページ | 『マハーバーラタ』舞台裏2 »

2012年7月 5日 (木)

道は「成る」。

気が付けば一人で歩いてた。

ふと一人だと気付いた。

道はまっすぐに伸びていたから来ただけなのに、一つの道は二つに化けて僕の目の前に現れた。

開けたポテチに手を伸ばしてみれば、とまらないそのなにか。

足は止まる、手は動く。

迷っている様で実は最初から決まっていた。

道なんて最初からあるわけない。

あったとならば他人が敷いたレールに過ぎない。

道は「成る」もの。

その道は己のみぞ知る。

コンクリートは硬く冷たい、ぐしょぐしょの土は足跡をつける。

いつか振り返ればその時に。

確かな生き様、大きな足跡。

恐怖心は踏み込む足を確実に、その溝もいつしか浅く軽やかになる。

いつか振り返ればその時に。

確かな生き様、大きな足跡。

|
|

« 『マハーバーラタ』舞台裏1 | トップページ | 『マハーバーラタ』舞台裏2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409678/46195985

この記事へのトラックバック一覧です: 道は「成る」。:

« 『マハーバーラタ』舞台裏1 | トップページ | 『マハーバーラタ』舞台裏2 »