« ふと去年の今頃を読み返す。 | トップページ | ローフード。 »

2012年6月12日 (火)

公演2回目終了。

一昨日になりますね、『マハーバーラタ』2回目の公演が無事終わりました。
今回も満員御礼、お越しくださった皆様本当にありがとうございました。
感謝々々。
地元の友達から遥々東京から足を運んでくれた友達まで、僕は人に恵まれてここまで来てるなーと。
みんな楽しんで笑顔で帰ってくれるのを見ると幸福感に満たされます。

そんな今回は一週間に一度の公演なわけですが、こういう形式は初めてで実はモチベーション保つのに苦労してます。
公演から公演の間は、公演してみての感触を元に稽古して更なる磨きをかけるわけですが、やっぱり第三者・観客という存在は大きくて、はっきり言って稽古では出せないもの、出て来なかった物が観客がいる事によって引き出される事があるんですね。
それはどんなに稽古してもわからない事で、演じてる側もそんな状況を楽しみつつ、且つ冷静に判断する力が必要となるわけです。
まぁそれが気持ちよくなってしまうと、芝居も間延びしてそしてそれは観客に一発でバレるわけで、おー恐ろしや。

宮城さん演出の特徴として、俳優が生演奏を奏でます。
そう、演じてるだけではないのですよー!!
もうやること多くて大変。笑
そんな演奏隊も、毎日必死こいてます↓


20120608_172118


20120608_172208


パーカッションって直接人間の心臓に繋がると思うのですよ、そのリズムが鼓動かの様に。
音楽聞いてると気が付けば足踏みやら体が乗ってしまう事ってありますよね、それです。
それをミュージシャンではなく俳優が奏でる事によって、それは音楽としてだけではなく「言葉」としてもそこに存在して本舞台の芝居と繋がってくるわけです。
音による語り手、とでも言いましょうか。
これがまた生でやるから面白い。
音源を使えば簡単ですが、芝居と同じで音楽も生には敵わないですよ、ホント。
ピアノみたいに綺麗な気品ある感じも好きだけど、僕はこう叩いてビート感じて「ヘイヘイ!」の方が好きかも。笑
元々椅子に坐って作業とか苦手だし。笑
この鮮度を是非皆様にも味わって頂きたいところ。


そんな演奏で僕がメインに使ってる楽器はこちら↓


20120608_172158


「ジュンジュン」といいます、アフリカの民族楽器です。
主にパーカッションのベースに位置する物です。
見てわかると思いますが、バチを使って叩きます。
でもただ叩けばいいわけではなく、この楽器のサイコーのパフォーマンスを日々研究してます。
今回僕がこのジュンジュンで『マハーバーラタ』のスタートを切る役割を担っているのですが!

その緊張した顔つきにご注目です。笑

次は16(土)19:30スタートです!!

|
|

« ふと去年の今頃を読み返す。 | トップページ | ローフード。 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409678/45621743

この記事へのトラックバック一覧です: 公演2回目終了。:

« ふと去年の今頃を読み返す。 | トップページ | ローフード。 »