« 刻むのは日々。 | トップページ | イタリアからの『旅』。 »

2012年4月30日 (月)

季節は巡り。

20120402_115006

宿舎の窓を開ければ、目の前は桜の木と茶畑。
4月1日に入居した時はまだ6分咲きくらいだった桜はあっという間に満開を迎え、既に緑の木々に顔を変えた。
稽古を始めてもう一ヶ月経ち、『マハーバーラタ』はどんどん面白くなってます。

そんな「ふじのくに・せかい演劇祭」のプレイベントが静岡県内にてスタート!!
イタリアから来た、自転車演劇『旅』。
県内の様々な路上などの場所でパフォーマンスしてます。

“自転車演劇”ですよ!
なんですか、“自転車演劇”って!?笑
もう見てみないと何も言えないので、明日の静岡・七間町でのパフォーマンス観て感想書きます。

演劇は現場によって人が変わり、その都度初めましてをして対等な位置を得る。
しかし当然年齢を意識してしまうもので、先輩には最初遠慮してしまうというもの。
でも時間の経過と共に「この人はどんな人なのか」がわかってきて、自然とそれは芝居に影響してくる。
演劇は直接人間同士が語り合う、これが魅力の一つであって、それだけ人間力も向上していく。
コミュニケーションって難しいけど、個々に合った手段はあって、それがわかると人間って面白いなって思えるんだよね。
こういうことを演劇を通してもっと一般の方に広められたらと思ったりする。
演劇って、作品を作ってお客様に観てもらうだけじゃないんだよね。
もっと身近なんだよね。

普段の生活の中でたくさんと人がいて、こういった人たちともっとお話しできたらいいのにね。

桜咲く季節に東京に居なかったのは何年ぶりだろ。
東京の桜も静岡の桜も同じであって同じじゃない。
それは見る僕達の感情が常に変わるから、そう思うのかな。


20120407_133648


|
|

« 刻むのは日々。 | トップページ | イタリアからの『旅』。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409678/45073901

この記事へのトラックバック一覧です: 季節は巡り。:

« 刻むのは日々。 | トップページ | イタリアからの『旅』。 »