« 東京公演終了。 | トップページ | 流山児さんの日記に。 »

2012年1月29日 (日)

大千穐楽!

江戸糸あやつり人形座『コーカサスの白墨の輪』、兵庫での公演も終え全日程終了しました。
東京・兵庫と公演にお越しくださった皆様、本当にありがとうございました。

兵庫では折角行ったのだからと、時間の隙を見てお好み焼き・たこ焼き・ネギ焼きをしっかり食べてきました!(そんな報告はいらないか。笑)
一番嬉しかったのは、兵庫で7年ぶりに友達に再会したこと。
お互い変わらないなーと思いつつ、その間の7年にはいろんなことがあって、終演後面会の短い時間ながらもしっかりお互いの報告。
これでまたがんばれるかな。
東京公演ではたくさんの友人・知人に観て頂き、人形と人間が芝居するこの独特な世界を楽しんでくれたみたいで、もう感謝感謝。

やはり舞台はお客様が居なければ成立しませんね。
呼吸、視覚、聴覚、その研ぎ澄まされた緊張感の中で僕達俳優は、稽古で積み重ねてきたものに最後の仕上げをかける。
お客様はその仕上げに絶対必要な要素であって、俳優と観客はそこで勝負をしてるんだと思うわけです。
しかし勝敗などというものは存在せず、お互いに気持ち、感情など何か思うものが生まれればそれでいいのです。
今回の『コーカサスの白墨の輪』もこどもから大人まで楽しめるものになっていましたが、戦争をかいくぐって生延びたブレヒトのその訴えるものは今の時代にも映し出されていて、ということは、現代は戦争時代となんの変わりもないということ、そのことに恐怖を覚えます。

悪とは?正義とは?
誰が決めるわけでもなく、自分が信じる道を行くしかないのだと思います。
そう、自分の信じる道。
先が見えなく暗い道のりだけど、辛い事も背負っても歩みを止めず前に進んでいきましょう。
進んだ先に、また新しい道があるかもしれない、それを信じて。

これまで歩んだ道に後悔は無く、過去があって今がある。
今年僕は、もう一つ上の階段を上りにかかります。
がんばるけど、なにより楽しくいくだけですけどね!

今回の作品では、一人何役も演じ、多くの人形を使いこなしました。
その中でも、僕はこの「アニコ」の奥様がメインだったわけですが、まぁ可愛いのね。笑
女性やったのも久々だったな。

20120112_144645


|
|

« 東京公演終了。 | トップページ | 流山児さんの日記に。 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409678/43917420

この記事へのトラックバック一覧です: 大千穐楽!:

« 東京公演終了。 | トップページ | 流山児さんの日記に。 »