« 2011.11.11の11時11分 | トップページ | 演出したいねー。 »

2011年11月16日 (水)

明日はWS発表会なのです。

演劇の舞台というものは、1ヶ月ないし2ヶ月の稽古を通じて公演を迎えます。
その間に、役作りやどう演じるかなど試行錯誤を繰り返すものです。

僕が今受けているワークショップは、1週間という短い期間でシーン作りをし、最終日に発表するもの。
演出は、フランスからお越しになったブリジット・ジャーク=ヴァジュマン氏(♀)。
コメディ・フランセーズ(フランス国立劇場)をはじめ国内外の劇場で活躍されている方です。
取り扱っている題材は、ベルナール=マリ・コルテスの『ロベルト・ズッコ』。

作品はとても面白いんだけどねー、もう自分はやばいのなんの。
膨大なセリフの量がある役をやる事になって、またそのシーンがひたすら語りという。
会話だったら、相手の話を聞いて答える事ができるのだけど、まぁ自分の身の上話をひたすら相手に語るのだから、セリフを入れなきゃ話にならないという。
またそのセリフの言い回しが難しくて。

この1週間はかなりやばかったですわ。
稽古は実質5日、しかも1回の稽古時間は4時間しかなくて、さらにWS参加者11人がそれぞれシーンを持ってるから、がっつり稽古を見て頂けないという。
さらに、一人何役もやるという。
その膨大なセリフの量に、暗記できない自分に泣いてましてが、なんとか、なんとかいけそうです!!
なんだよ、なんとかって。笑
もうね、久々に大学時代並みの努力をしましたよ。
そんな学生の頃との大きな違いは、確実に記憶力が悪くなりましたね。苦笑

で、そんなこんなで、実は明日発表会です。笑
無料なので、興味がある方は是非お越しください。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

演出家・ブリジット・ジャーク=ヴァジュマンに聞く
「俳優の仕事とは」
ベルナール=マリ・コルテス『ロベルト・ズッコ』WS発表会&レクチャー

日時:11月16日(水)19時〜21時
場所:東京日仏学院 エスパス・イマージュ
(JR・東西線・有楽町線・南北線・大江戸線「飯田橋」駅徒歩7分)
料金:無料

詳細HP
http://www.institut.jp/ja/evenements/11433
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


しかし、初めて外国の方の演出を受けたのだけど、言語が違えど共有できる事はたくさんあるね。
得たもの多し。
ピンチはチャンスだ。

|
|

« 2011.11.11の11時11分 | トップページ | 演出したいねー。 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409678/43026316

この記事へのトラックバック一覧です: 明日はWS発表会なのです。:

« 2011.11.11の11時11分 | トップページ | 演出したいねー。 »