« 夏い。 | トップページ | 白州尾白の森名水公園“べるが”を歩く。 »

2011年7月 1日 (金)

文楽人形。

文楽人形は、主遣い・左遣い・足遣いの3人で一つの人形を遣います。
主遣いは、人形全体の動きをリードしながら右手を操作、左遣いは左手操作に加え小道具を捌く役割もあり、足遣いは文字通り両足を動かします。

というわけで、主遣いの稽古してます↓


Dscn2796


いつになく真面目。笑

後ろから見ると↓

Dscn2797


袖の中に手を入れて人形の手を動かしてます。

今回は2人で遣いますが、まぁ呼吸を合わせるのが大変で。
お互いの気持ちが違ってたら、動きがバラバラになっちゃいますからねぇ。
でも人形だからバラバラな動きができちゃうので、それが怖いところです。

ということで、今日から山梨県北杜市入り。
楽しんできます!


白州こだまの森アートフェスティバル
創作オペラ能『駒ケ岳』
〜白州の舞〜 馬が繋ぐ縄文から武田信玄

【脚本・演出/小鼓演奏】今井尋也(メガロシアター)
【音楽/箏演奏】日原史絵(筝曲史の会主宰・塩山出身)
【人形製作】おおえわかこ
【出演】
シテ 佐久間二郎(観世流能楽師・甲府出身)
ワキ 吉松 章 (喜多流能楽研究家)
ワキ 横山 央 (操り人形遣い)他

【日程】7月3日(日) 15:00開演  ※開場は開演の30分前
【会場】白州・尾白の森名水公園べるが(山梨県北杜市白州町白須8056)
【料金】全席自由 一般:2000円 中高生:1000円 小学生以下無料

アクセス、他詳細はHPで↓


「白州こだまの森アートフェスティバル」HP
http://www.megalo.biz/htdocs/hakusyu/index_hakusyu.html

Dscn2696

Dscn2726


|
|

« 夏い。 | トップページ | 白州尾白の森名水公園“べるが”を歩く。 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409678/40625179

この記事へのトラックバック一覧です: 文楽人形。:

« 夏い。 | トップページ | 白州尾白の森名水公園“べるが”を歩く。 »