« 災害ボランティア① | トップページ | 喝! »

2011年6月 8日 (水)

災害ボランティア②

今日は雨か!まだまだ梅雨は続く。
嫌いだよー、太陽出てきてよー。
光合成しないとテンション上がらないんですよ!もう!笑

というわけで、前回に引き続きボランティア日記。


20110604_070939


津波被害がひどかった荒浜地区を後に、8人前後の班に分かれて作業に移りました。
炊き出し組もあれば、家の中に溜まった泥かきの作業をする班もありましたが、僕達の班は壊れたビニールハウスの片付け。
向うは大村さん(だったはず・・・)のお宅。

と、その大村さんのお宅に行くまでの道のり、何やら異様なまでに広がる靄が。
一体何が!?
地震によって地盤沈下が起こり、海抜0mだったのがマイナスとなってしまったため、津波によって田畑に溜まった海水が蒸発して、このような現象が起こってるそうで。
地震や津波以外にも、様々な異常現象が起こっているのですね。

そんな靄をくぐり、着いた先は仙台空港に近い沿岸部。
農家を営む大村さん宅に到着、説明を受けます。
大村さんは広大な農地をお持ちで、その内15m×50mのビニールハウス4つを、これから時間をかけて解体し、もう一度作り直すということでした。

言うまでもなく、そのビニールハウスも無惨の姿。
周りも水がたまって抜けてなかったり、様々なものがグチャグチャに。
そんな中を必死に生きようとしている大村さんの気持ちを胸に、作業に取りかかります。

ビニールを破り、土をどかし、鉄骨に括り付けられた垂木、それを留めている番線を切っては木をどかしと、ひたすらそれの繰り返し。
途中休憩を入れながらも、9人掛かり、8時間やって終ったのが、15m×50mの内の半分。
これは辛い。結構頑張ったのに、これしか終らない。
あまりに無力を感じてしまうのも正直なところで、しかしこの地道な作業をやっていくしか無いのだと痛感しました。

元の状態に戻るというのは、本当に10年はかかるでしょう。
大村さんの周りにも50戸ほどの家はありましたが、ほとんどは諦めて出て行ってしまったそうで、戻ってきてるのは10戸ほどだそうで。

津波にやられて溜まった泥は、すぐにかき出さないとどんどん腐食が進みカビが発生し住めなくなるそうです。
ということは、出て行った方はもう戻ってこないということ。
津波の被害は目に見えるものだけではないのです。

それでも大村さんはここに生きるわけで。
そんな大村さんは、既に次に進んでいました。
笑顔も交えてその当時の津波の話をしてくれて、人間って強い存在なんだなと身に沁みる思いです。

「また近く通ったら来てください。」と言って送ってくださいました。
近く通ったらって。笑
是非また伺わせてください、です。

8時間の作業なんてあっという間でした。
他の班の話を聞いても、家の中の泥をかき出すためにタンスなどをどかして作業してと、やはり全然終らなかったそうです。
義援金も大事ですけど、今すぐにでも欲しいのは現地の人材ですね。
どうしたらよいものか、これから自分なりに考えていきたいと思います。

帰りは銭湯に寄って疲れを癒してきました。
働いてきたご褒美、悪くはないですよね?笑
銭湯では今回参加した皆さんとお話しもしつつ、再びバスに乗り東京へ、5(日)の朝に無事に戻ってきました。

僕達にできることはいくらでもあります。
個人的には、今の生活を無理矢理変えてボランティアに行く、という強制的なことはしなくてもいいと思います。
忘れちゃいけないのは、同じ時にそのような苦労をしている方がいるということ。
僕達が普通に生活できることに感謝を忘れないこと。
それだけでも違うと思います。

といっても、どうも実感を持てない方も多くいると思います。
そういう方は、どこかで機会を作って一度現地に行ってみることをオススメします。
ちなみに僕は、ボランティアはかなり楽しかったです。
それが大事なんだと思います。

できることからコツコツと。

ボランティア現地に向かう途中、部活であろう、野球をする中学生を見かけました。
ランニングをする方を見かけました。

どこか印象的な風景です。


少しボランティアサイト、載せます↓

「多賀城市災害ボランティアセンター」
http://msv3151.c-bosai.jp/group.php?gid=10111

「『はまセン』気仙沼市小泉浜災害ボランティアセンター」
http://hamacen.hida-ch.com/

「東日本大地震・震災 ボランティア情報・募金情報・支援情報」
http://www.volunteer-info.net/

「ap bank Fund for Japan」
http://www.apbank.jp/

Dscn2668


|
|

« 災害ボランティア① | トップページ | 喝! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409678/40312237

この記事へのトラックバック一覧です: 災害ボランティア②:

« 災害ボランティア① | トップページ | 喝! »