« イキウメ観劇 | トップページ | 睡魔は襲う、その日の終わり。 »

2011年5月28日 (土)

辻村寿三郎展

人形師・辻村寿三郎展@目黒雅叙園「百段階段」(東京都指定有形文化財)に行ってきました。

その精巧な作りは見る者を魅了し掴んで離さない、そんな言葉も過言ではない素晴らしい人形達。

喜びか悲しみか、どちらともとれる様な曖昧な顔つきは美しく、その色使いも実に巧み。

綺麗に結ってある髪、お洒落な着物。

そして、その人物の性格が伺える様な人形の形や姿勢、大きさ。

人形だけでも美しいのだけど、東京都指定有形文化財に指定されている「百段階段」に隣接されている豪華絢爛な部屋が更にその美しさを後押ししていて、美を極めていました。

一つの技を極めた職人というのは凄い。

長い年月を費やし腕を磨き作られたその人形はリアルさを帯び、時間を超越し、観ている僕達に物語ってきます。

感動。お勧めです。

ついでに、一般市民では入れないような(笑)目黒雅叙園にも入って、ちょっとお金持ちの気分を味わえます。

というのは冗談だとしても、その豪華絢爛な建築にも感動します。

是非。

Event_pic_01


|
|

« イキウメ観劇 | トップページ | 睡魔は襲う、その日の終わり。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409678/40162250

この記事へのトラックバック一覧です: 辻村寿三郎展:

« イキウメ観劇 | トップページ | 睡魔は襲う、その日の終わり。 »