« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月28日 (土)

辻村寿三郎展

人形師・辻村寿三郎展@目黒雅叙園「百段階段」(東京都指定有形文化財)に行ってきました。

その精巧な作りは見る者を魅了し掴んで離さない、そんな言葉も過言ではない素晴らしい人形達。

喜びか悲しみか、どちらともとれる様な曖昧な顔つきは美しく、その色使いも実に巧み。

綺麗に結ってある髪、お洒落な着物。

そして、その人物の性格が伺える様な人形の形や姿勢、大きさ。

人形だけでも美しいのだけど、東京都指定有形文化財に指定されている「百段階段」に隣接されている豪華絢爛な部屋が更にその美しさを後押ししていて、美を極めていました。

一つの技を極めた職人というのは凄い。

長い年月を費やし腕を磨き作られたその人形はリアルさを帯び、時間を超越し、観ている僕達に物語ってきます。

感動。お勧めです。

ついでに、一般市民では入れないような(笑)目黒雅叙園にも入って、ちょっとお金持ちの気分を味わえます。

というのは冗談だとしても、その豪華絢爛な建築にも感動します。

是非。

Event_pic_01


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年5月26日 (木)

イキウメ観劇

昨日は『散歩する侵略者』@シアタートラム(世田谷)を観劇。

素晴らしかった、作品も役者も。

その非現実的な世界で展開される世界は、どこか夢心地、リアルなファンタジーかのよう。

しかし現実的な物事も常に帯びていて、その境界線はあるようでない。

世の中は常に信じられない様なことが起こり、そしてそれは実体験として経験するまでは只の絵空事として中空に漂う。

何が本当で何が嘘なのか。

膨大な情報量からのその判断は、自分自身の信じるところしか無いのかもしれない。

2011top2


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年5月25日 (水)

文楽面白し。

古典芸能というと、なんとなく難しそうなイメージがある方が多いと思います。

えぇっ、難しいです。(←おい。笑)

要は昔の言い回しが難しいんだと思いますが、不思議と普段使ってない言葉ではあっても、以外と理解できるものですよ。

昨日は人形浄瑠璃を観劇しに国立劇場へ。久方ぶりでした。

人形浄瑠璃のその舞台を構成するのは、大夫・三味線が物語の進行と音楽を形成し、それに人形遣いが人形に命を吹き込み一つの世界を作り上げるわけです。

なんて素敵な作りなのでしょうか。そして素晴らしい舞台。

人形の華麗な動き、というのは人形遣いのその技術の高さ、その呼吸をそのままに大夫が歌い、三味線が奏でる。

絶妙なそのやり取りによって、物である人形に命がともり、いつしか観客は心を奪われるのでした。

自分も人形をやっていて思うのが、物にどこまで命を吹き込むことができるかということ。

たとえ人形が動いたとしても、どう見えるのかによって感情の見え方もだいぶ変わってしまうわけで。

気持ちと技術が初めて共鳴した時、人形に命が灯るのです。

7月の山梨で行う舞台で人形を僕が遣うので、使える技術を駆使し、人形をその場所・時間に蘇らせたいと思います。


20110523_154600


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年5月22日 (日)

睡眠。

バイトが終って家に帰って来て、ベットにバタンキュー。

気が付きゃ夢の中。

あっ、バイト先の人がバイトやめるって言ってる。笑


二日連続そんな感じ。

かーらーだーがーおーもーいー。

あぁ、もっと気持ちのいい睡眠にありつきたい!

ベット幸せー♪って感じられる様な。笑


睡眠はしっかり取りましょう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2011年5月21日 (土)

即興って好き。

インプロをやってる友達から即興で演奏できる人の紹介依頼を受けたので、ミュージシャン仲間でピアニストを紹介、今日は僕を含め3人でスタジオに籠ってました。

芝居仲間が即興についてピアニストに説明し、即興芝居に即興で音楽をあてはめてもらってということを何度か試したわけですが、これが面白いんですわ!

設定決めていざやってみれば、まぁ毎回違う作品ができること。

音楽入ってきてなんだか歌いたくなっちゃって、すっかりミュージカル気分でした。笑


即興だから当然なんでもありなんだけど、その「なんでも」ってのが難しいんですよ。

芝居だって100通りあれば、音楽だって100通りあるわけで。

ということは、要はその人のセンス。

互いにその場の雰囲気を感じ取ってやるわけだからどんな物ができるか分からないのだけど、それが即興の面白いところで、大切なことは如何に発見して感じて繋げていけるかということ。

うまく繋がればどんどんストーリーも展開して、面白い作品ができるわけです。

まぁこれがお客様相手にやるとなると、“魅せる”という技術も必要とされるわけですが、コミュニケーションとしては最高の手段ではないかと思うのです。

しかし楽しかった!

そして音楽の力は凄かった。

芝居が仕掛けるか、音楽が仕掛けるか、どちらも仕掛けてはみるのだけど、音楽が介入する途端に芝居のニュアンスもその音楽の雰囲気になるという、ね。

雰囲気全部持っていきやがって!ずるいな、音楽は。笑


なんだかこういうものも、もっと巧く使えたりしないかな。

試行錯誤は続く。

Dsc01548


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年5月18日 (水)

発酵食品って。

納豆、ヨーグルト、菌が繁殖してできる商品にも賞味期限がありますが、実際のところどれくらい保つものなのでしょうか。

賞味期限が切れても大丈夫?

誰か教えて。

あっ、でもお腹痛くなるかなー。笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年5月16日 (月)

3331 Arts Chiyodaへ行きまして。

いい天気なのに風が強い!

干してた布団が吹っ飛んでました・・・。

・・・。笑

出演情報更新しましたので、ご覧くださいません。

やっぱり、日差しを浴びることによって一日は始まりますね。

雨の日は体がだるくてしょうがない。

昨日は知り合いのパフォーマンスを観に、3331 Arts Chiyodaに行ってきました。

20110515_133425


旧中学校を改築してアートスペースになってる場所で、様々な展示をしてました。

素敵な場所だったなー。

こういう建物増えればいいのに。

芸術バンザイ!


20110515_135533


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年5月15日 (日)

次の公演へ。

Twitterには書きましたが、7・9・10月と舞台が決まりまして、これから慌ただしくなりそうです。

7月は山梨県北杜市で、文楽と能を合わせたようなオリジナルのものを上演。
メガロシアター主宰・今井尋也が作・演出と小鼓、シテは観世流・佐久間二郎、僕はワキ・人形遣いです。

9月は、江戸糸あやつり人形座公演『アルトー24時』に出演。
舞踏と糸操り人形が混ざりあった、実に実験的な芝居。
演出は芥正彦、糸操り人形・結城一糸、他。
僕はこれまた糸操り人形遣いで出演します。

そして10月は、流山児★事務所『ユーリンタウン』でございます。
主演は別所哲也さん、他。

なんだかんだ、人形を使っての舞台が多かったり。
だからこそ悩むわけです。
これから自分はどのポジションを狙っていくのか、というところ。

マルチにこなしていくのはいいことかもしれないけど、広く浅くなるのが怖いんですよね。
まぁ、昔からの性格なのですが。

一昨日顔合わせしたのは、9月の『アルトー24時』のメンバー。


20110513_184415


20110513_180223

タイトルの通り、アントナン・アルトーを題材にした作品です。
大学の時に演劇史でアルトー勉強したけど、どうしても狂気な人のイメージが取れない。笑

公演は、確実にエンターテイメントとは違う実験劇場、になると思います。
一体どうなるのか、僕も未知です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年5月11日 (水)

震災から2ヶ月。

14時46分、黙祷。
震災を受けた方にお見舞い申し上げると共に、お亡くなりになられた方々にご冥福をお祈り致します。


早い?いやまだ?
あなたはこの2ヶ月をどう感じますか?

東京は少しずつ元の生活を取り戻しつつある感じでしょうか。
街の暗さにもすっかり慣れ、というか今まで如何に余分な電力を消費していたかがわかった気がします。

今日は一日休みを取りたまった資料の整理などをしてますが、3月に公演した『トゥリーモニシャ』のメールをまとめようと思ったら、震災当日、或いはその前後のやり取りの内容のものが出て来て、記憶が一気に3月11日に戻りました。

震災当日、東京にいた僕はとある舞台のオーディションを受けていて、その真っ最中に震災に見舞われました。
建物が多少古かったせいか大きく揺れ、立っていられず壁に掴まり収まるのを待ちます。

・・・長い、とてつもなく長い揺れ。

オーディションに集まった人たちも、地震に対して最初は軽い気持ちでいた人が多かったように見え、しかしそれはやがて恐怖の表情へと変化。
3分?5分?揺れが収まって外に避難して一時様子を見ました。

そしてその30分後ぐらいに、二度目の大きな揺れ。
一発目に「ガンッ」と縦に揺れたのをきっかけに、横に激しい揺れ。
外にいても尚その揺れに、ただただ言葉を失いました。

その後一時的に公園に避難。
様子を見てオーディション会場に戻り、さあどうしようかという具合になるものの、電車が完全ストップ、道も渋滞、携帯の電話も繋がらず、今帰ろうとしたところで埒もあかず、安全性も考慮した上で、電車が動くまでそのままオーディションを行いました。

終った後も結局会場で時間を潰すことになり、相変わらず電話も繋がらず、22時近くになりようやく地下鉄が動きだして、なんとか家に辿り着くことができました。

そして、東北沿岸部の様子を知ったのです。

普通に生活するということは、どれだけ幸せなのでしょうか。
“普通”というのは、絶妙なバランスの上で成り立っているものなんですね。

尚もこういう事態のときに対して、演劇を通じて何ができるかを考えます。
被災地に行って何かを行うのか?
既に現地で、こどもたちを相手に公演をしてきた人が言います。

「公演は外の広場や避難所の空いてる部屋で、こども向けにやった。
そして公演は、観たい人が観てくれればというスタンスでやった。
場所によって人の入りはまちまちで、避難所によっては精神的な余裕がなかったりする。
そして避難所に行くものの、直に避難所の中にはとてもじゃないけど入れない。
大人達は受け入れてくれない方がほとんどだ。」

僕は東京で被災しました。
しかし被災者から見て、東京は被災してるに入らないそうです。
そりゃそうか、そして僕は被災者ではないのか。

結局今の僕にできることは、募金とボランティア活動なんだと思います。
そして、普通に生活して物を消費し、世の中を回していくことが大切なんでしょう。

自粛ではなく消費。
できることからコツコツと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年5月 9日 (月)

落ち着く場所。

あなたの集中できる場所はどこですか?

何か作業をする時、僕は家では集中できないタイプです。

ということで外で作業するのだけど、場所もいろいろあり、善し悪しがあるんですよ。


有名ハンバーガーショップ「マク○ナルド」を挙げてみると、


●メリット
・コーヒ−100円のおかわり自由
・小腹が好いたら100円ハンバーガー

●デメリット
・若者のガヤガヤボリュームがでかい
・人が多いので窮屈


若者のガヤガヤは致命的ですね。

やっぱり静かな場所を求めて彷徨うわけです。

ということで、最近はサン◯ク・カフェに出入りしてます。

ド○ールやス○バではダメなのです。

何故か、以外と人が多いんですねー。


コーヒー飲みながら作業をする、なんだか楽しいんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年5月 7日 (土)

「Niiyah」by 山梨県大月市

今日は一日雨。
一日しっかり雨が降るのもなんだか久々な気もするけど、たまにはこういう日も嫌いじゃない。

でもね、陽が出てないと起きられないのよ!
今日は一日休みにしてて、昨日は目覚ましかけずに寝たわけですよ。
そして目が覚めたら11時って・・・。
目が覚めずに8時間以上も寝てますよ、私。
そして体バッキバキッ!!
たまにはこういう日もありでしょうか。


そういえば先日、故・大久保昌一良さんを偲ぶ会がありまして、山梨県大月市に言って参りました。
中央線に乗って、ぶらり田舎へ。

20110429_165110

写真の断崖絶壁は岩殿山。
高さ634mなんだとか。

ん!?スカイツリーと同じ高さではないか!

というわけで、スカイツリーの高さを体験したい方はこちらへどうぞ。笑

そんなムサシ(634m)のてっぺんに、昔は城があったとか。
岩殿城、まさに鉄壁。
次はここに登りたいなー。
もう登山大好きなんで。笑

その要塞を横目に、僕が行ったのはこちら↓


カフェギャラリー「Niiyah」。

20110429_171138


20110429_171118

いいですね、昔ながらの佇まい。
こういう別荘欲しい。笑

会では飲んで食って、僕も手伝っている「猫座」でプチライブして。
大久保さん喜んでくれたかな。

人生の中でたくさんの方と巡り会い、共に仕事をした仲間が集まり、大久保昌一良さんを讃える。
大久保さんの人生が垣間みれて、素敵な方だったんだと改めて感じたけど、やっぱり死んじゃいけないよ。
といっても、本人はどうすることもできなかったんだろうけど、人生生きてるからバンザイなんだし。

生きてることは辛いと言う人がいる。
僕も辛いことはあるけど、まだ25年生きただけ。
大久保さんの半分にも満たない自分が何言ってるんだって感じで、これからも必死で生きていきます。

そんなことを思いながら、PCから流れてくる竹内まりや『駅』が切ないのでした。
あっ、次はユーミンの『雨の街を』が流れて来た。

僕、25歳です。笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年5月 4日 (水)

もがいてます。

みなさま、こんにちは。
今年のGWはいかがお過ごしでしょうか。

なんでしょう、最近はどうもムシャクシャした気持ちが抜けず、なんだかもがいてます。


ぬぁー!うおぃあー!!しゃー!!!


出口はどこだー。

最近は見なくなりましたが、昔は大迷路ってありましたね。
迷った末にゴールに辿り着いたときは嬉しかったなー。
でも今思うと、あれはゴールがあるということがわかってたんですね。
だから安心して遊んでたというか。

テレビゲームも一緒。
ムカついたらリセットすればいいし、。笑

なかなか人生うまくいかず。
もがく日々は続きそうです。


あっ、先日神奈川芸術劇場(KAAT)に行ってきました。
『国民の映画』観劇です。
初KAAT、できたての建築はいい匂いがして好きです。

20110428_174557


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »