« 『トゥリーモニシャ』キャスト紹介2 | トップページ | まだまだ寒い日。 »

2011年3月 6日 (日)

『わが町』、再び。

20110218_164141

たまたま入った喫茶店で見つけた、スコット・ジョップリンのRagのレコード。貴重。
今回の作品はオペラですが、ジョップリンはお金を稼ぐためにピアノ演奏もよくやってたそうな。
Ragはよく弾いていて作曲も多くしたそうですが、まぁよくレコードと出会ったなと。運命とは面白いです。

昨日は俳優座劇場にて、音楽劇『わが町』を観劇してきました。
音楽劇になったわが町、言葉が音楽に乗っかるとまた違う世界観となった訳ですが、大きく違うところはエンターテイメントになったということでしょうか。
『わが町』の魅力は、その平凡な日常を宇宙の観点にまで昇華させ描かれているということ。
もう一つは、何も道具を使わず観客の想像力に委ねるということ。
“見せるもの”というよりは“見えてくるもの”と捉えた方がよろしいかと。
そういった意味で、舞台と観客に一つの信頼関係がなければできないお芝居でもあるわけです。

今回の音楽劇『わが町』は、エンターテイメントにしたことにより、“見せるもの”に変化したかなといった印象でした。
劇中から例を出したところですが、ネタバレになっちゃうのでやめます。笑
でも、今回の脚色にあたり、原作にある人物のセリフを違う人物が言ったり、シーンをカットしたり。
観客は想像して観るというよりは、その流れの中に身を任せるような感じでしたね。
同じ作品でも違う作品、面白いですね。

新国立劇場版『わが町』と、俳優座プロデュース版『わが町』、見比べ鑑賞も楽しんでみては如何でしょう。

|
|

« 『トゥリーモニシャ』キャスト紹介2 | トップページ | まだまだ寒い日。 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409678/39121140

この記事へのトラックバック一覧です: 『わが町』、再び。:

« 『トゥリーモニシャ』キャスト紹介2 | トップページ | まだまだ寒い日。 »