« 弟の舞台を観劇。 | トップページ | 癒し道具。 »

2011年1月19日 (水)

公演5日目終了。

昨日の休演日から開けて公演再開です。
楽屋に行くまでの道には、こんなにもお花が届き飾られています↓

20110119002110

花の匂い香る廊下。いい匂いです。


本日は終演後のアフタートークがあったこともあり、客席は超満員!
皆様、本当にありがとうございます。
そのアフタートーク、司会に中井美穂さんをお迎えして、宮田さん・小堺さん・稲本さんの三人が登場して行われましたが、なんと1時間も熱く語るという贅沢で貴重なトークでした。

皆さんそれぞれの分野で、やはり若い頃は非常に苦労されたようです。
小堺さんは勝新太郎さんや萩本欽一さんとのエピソード、稲本さんは留学先でのエピソードなどを語ってくれました。
稲本さん、留学先での最初の授業で先生から鍵盤も弾かせてもらえず、最初は椅子の座り方から入ったそうな。
それを聞いて最早僕は言葉を失いました。自分を考えちゃいますよ、どうしたって。
でも同時に、自分は幸せ者だなと改めて思ったわけです。
だからこそ僕にできることといったら、自分の最高の芝居をすることなんです。
少しでもベテランの方に追いつけるよう、日々努力、そして勝負です。


と、舞台上で小堺さん達が素敵なことを言っていたころ、裏の楽屋では、感化されてか共演者とプロンプの桜木さん、稽古場代役だった加茂さんと熱いトークを繰り広げてました。

Dscn2461

裏・アフタートークです。笑
桜木さん・加茂さんは青年座の方で、常に僕達の芝居も観てくれた素敵な方達です。
この方達がいたからこそ表も際立つわけで。もう感謝感謝です。

上演回数を重ねれば重ねるほど、ソーントン・ワイルダーの魅力にハマり、『わが町』に対する思いが熱くなります。
『わが町』、まだまだ絶賛上演中です!

当日朝10時から、1500円のZ席も販売中ですので、皆様是非お越し下さい!


|
|

« 弟の舞台を観劇。 | トップページ | 癒し道具。 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409678/38523785

この記事へのトラックバック一覧です: 公演5日目終了。:

« 弟の舞台を観劇。 | トップページ | 癒し道具。 »