« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月29日 (水)

試行錯誤は続く。

今日は昼に、宮田慶子さん演出の『ヘッダ・ガーブレル』@新国立劇場 を観劇。

いやー、なんかショックでした。

何がショックって、自分でもよくわかりません。笑

いや、わかってます。

その完成度の高さに嫉妬してるんです。

演出、演技、舞台美術、照明、音響、すべてが一致した時に起こる“完成”の2文字。

その完成度の高さに圧倒されました。

嫌でも考えてしまう、「僕はいつこのレベルの芝居に、メイン役者として立てるのか」。

考え出すと、きりがないんだけどね。

この舞台に立てるのは本当に一握りで、年齢とともに実力を兼ね揃えた者だけ。

僕はその域にまで達せるのか。

なんだかへこむ。

643384


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年9月27日 (月)

絶叫詩人ライブ。

絶叫詩人を初めて観たのは19歳の時。福島泰樹氏のライブ。
バンドに乗せて、寺山修司の詩をバンドに乗せて絶叫。
なかなか衝撃だったけど、まだまだ理解もできなかった。

そして、福島さんのところで学んだという方の絶叫詩人ライブの、バック演奏を友達がするということで6年ぶりに観たけど、面白いと同時にこの表現ってなかなかレベル高いんじゃないかと。
自分の詩を一方的にぶつけるだけでもダメだし、音楽と詩のバランスが悪くてもダメだし、絶叫だから以外と聞き取れなかったりもするし。汗

やっぱり言葉って難しいなー。
でも、音楽に乗せることによって、言葉だけの固い感じが柔らかくなるから不思議です。

Dscn2067


ライブ終了後、たまたま観にきてた大学同期の仲間4人で飲み。
いいね、この時間。
戦友は何も言わなくても理解しあってる部分があるから、気を遣わなくていいし楽。
表現を磨く世界、それぞれが苦労してます。
頑張らなきゃ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年9月26日 (日)

稽古場では。

この土日は稽古が休みで、来週から本格的に始まります。

では先週はというと、丁寧に台本を追って内容を掘っていきました。

なにぶん「大逆事件」という事実の話を扱うわけですから、やはり知識を誤認していてはいけないし、お客様にわかりやすく伝えるためにも僕達がしっかり理解していなくてはいけないわけで。

結局のところ、芝居=歴史だったりするわけです。

その歴史を知るということが、また芝居の魅力だったりします。

歌も確認しつつ、僕の美声を皆様に届けます。アハハ。笑

そんな稽古終了写真。

Dscn2065

稽古が終ってからも自主錬ですね。

そして、一段落したらこちら↓

Dscn2064


持ち稽古場の強み、その場で飲み会。笑

毎日のように飲んでますが、こんなにお酒好きの劇団もそうないでしょう。笑

でも、こういった席も大事な意見の交換の場となるわけです。

流山児★事務所の皆様、素敵な方ばかりでございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年9月24日 (金)

『愛と嘘っぱち』をより面白くするものをご紹介。

今回の作品は、100年前に起きた「大逆事件」を題材としていますが、大逆事件とはなんぞやという方も多いかと思います。

そこで、より『愛と嘘っぱち』を楽しむためにこちらの本をご紹介。


Photo_2

佐木隆三著『小説 大逆事件』。

膨大の資料を元に、事件が起こる経緯、大逆罪の容疑として検挙・逮捕、事情聴取から処刑まで。

事細かに、首謀者達の関係者達の会話が書かれています。

この1冊で大逆事件がわかりますので、是非一読くださいませ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

座る=寝る

最近、椅子に座ると寝ます。

カフェ、電車、公園、その他諸々。

いつでもどこでも寝れちゃうのが特技ですが、特技が異常をきたしつつあります。


よく昔は歌いました。

♪今日もいつもの睡眠不足 頭が痛くなっちゃうよ〜 

睡眠 睡眠 睡眠 睡眠 睡眠不足!♪


古ー。

過去に睡眠不足MAX時、電車で吊り輪に掴まったまま20分寝てたことがあります。

リアル寝。

イヤー。


Dscn1506


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年9月22日 (水)

久々の仲間。

今日は久々の『わが町』ワークショップだったわけですが、久々の仲間との再会に大興奮。笑

そんな仲のいいメンバーと、演出家の指導の元に様々なテクニックを学び、演技というものを改めて考えます。

今日の話の主となったのは、「決められたものと素の身体との相違」。

芝居は、台本に書かれたことを稽古を通じて構築して一つの完成を見るわけだけど、しかしそれは素直な身体には勝ることができないわけで。

台本に書かれた言葉は当然自分の言葉ではないからどこかぎこちない。

逆に書かれてない感情はどうなのか、それは文字を追ったところで答えを見いだせない。

小説とは違い、文字の状態からそれを立体にしていく。

演者それぞれで考え方も違えば動きも違う。

そこからどう料理して完成させるか、まぁそれは演出家の仕事だけども。

明日もワークショップ。

何が得られるか楽しみだなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年9月20日 (月)

日本語こえー。

ちょっと前までは散々暇だーとか言っておきながら、今は稽古・バイトの合間にいろいろ調べものしてと、今度は時間がなさすぎて困る。

自分ってたちわるいなーと感じる今日この頃。笑

大逆事件、でっち上げやら矛盾やらと謎の多い事件のせいか、資料はなかなかの量がある。

役作りや作品を踏まえ、当時の資料やそれを元に記述された物をどこまで調べられるかが勝負である。

謎が謎を呼ぶ、人は過去を探り、現代に投げ掛ける。

過去の積み重ねに今がある、歴史は面白いね。

そして日本語は難しいね。(えっ?)

バイトでの接客、ちょっとした言葉の文でお客様を不快にさせてしまった。

正しいことは、ちょっとしたことにより間違いへと変化する。

言葉が導く力に驚かされるばかりである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年9月17日 (金)

20000件突破!

おかげ様で、ブログアクセス20000件突破しました!
ご覧くださっている皆様、本当にありがとうございます。
しょこたんなどのブログは1日で何万件の観覧があるらしいですが、僕はのんびりやりたいと思います。笑

このようにアウトプットすることで皆様に自分を知って頂けたらと思って3年前からブログを始めましたが、これはこれで“横山央”という人物の一つの側面であって、更に舞台をいう場で活動している横山央はもっと様々な顔があるし、実際の横山央はもっともっと魅力的です。笑
だからこそ、多くの方に生横山央を観て頂けたら、知って頂けたらと願うばかりです。
これからも、何とぞ応援の程宜しくお願い致します。


さて、先日『愛と嘘っぱち』のキャスティングが行われ、僕も重要な役割を頂きました。
久々にデュエットがあったり(しかも主演と)、なかなか忙しくなりそうです。
「大逆事件」というものを現代に提示し、多くの方にこの事実を知って頂き、お客様一人一人が何かを持って帰って頂けるよう、そしてなにより楽しんで頂けるよう頑張りたいと思います。

さて、セリフ覚えなければ。
しかも、この芝居以外にも覚えなければいけないセリフが・・・あー頭が混乱しそう。

ちなみに。
今回主演の内藤大希くん、実は『愛と嘘っぱち』あとに出演する『わが町』でもご一緒します!
いやービックリ。4ヶ月彼と一緒。笑
また写真載っけたいと思います!!

あと、『愛と嘘っぱち』の特設ブログができました!
是非ご覧くださいませ↓

http://ameblo.jp/ai-to-usoppachi/

Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年9月15日 (水)

ちょっとオーディション情報だよ!

僕が7月に出演した、舞台芸術集団 地下空港。
急遽本公演が2011年1月19日(水)〜23日(日)@シアターグリーン BIGTREE THEATRE(池袋)で上演されるにあたり、オーディションするそうでーす!

2007年に初演され好評を博した悪魔☆リビングコメディ『OLと魔王』の再演、タイトルは『OLと魔王☆2011』。
応募〆切は9月20日(月)とのことで、興味ある方は検索してみてね↓

舞台芸術集団 地下空港
http://www.uga-web.com/

そして今僕がお世話になっている流山児★事務所が、『ユーリンタウン』を2011年10月14日(金)~30日(日)で再演するにあたってオーディションするそうです!
前回、ストーリーテラーであるロックストック役を千葉哲也さんが演じましたが、今回はなんと別所哲也さんが演じるそうです!
全然色が違う、また違った『ユーリンタウン』になりそうです。

そしてよく見れば、「哲也」さんから「哲也」さんに引き継がれてます。笑

応募期間は、2010年9月27日(月)~10月29日(金)消印有効 とのこと。
ちなみに応募資格の中に、「オーディション前に『愛と嘘っぱち』を観劇のこと」が条件に含まれてます!!

というわけで、みなさま『愛と嘘っぱち』を観にきてね!笑

流山児★事務所
http://www.ryuzanji.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年9月14日 (火)

『愛と嘘っぱち』稽古開始!

流山児★事務所次回公演 ミュージカル『愛と嘘っぱち』、稽古始まりました!

久々に稽古場に足を運んで、なんだか1年前のユーリンタウンを思い出します。

チラシもでき、既に前売りも発売開始しました!

新作ミュージカル、是非観にきてくださいね。


流山児★事務所 公演
ミュージカル『愛と嘘っぱち』

2010年秋、明治の革命家たちの悲劇が甦る~百年の大逆~
 
【作】鹿目由紀(劇団あおきりみかん)  【音楽】浅井さやか(One on One)  【演出】流山児祥

【出演】
伊藤弘子 栗原茂 木内尚 上田和弘 小林七緒 里美和彦 冨澤力 柏倉太郎 平野直美 木暮拓矢 坂井香奈美 藤村一成 武田智弘 諏訪創 阿萬由美 山下直哉 荒木理恵 鈴木麻名実 山丸莉菜 
内藤大希 関谷春子 後藤英樹 菊池ゆみこ 横山央

【演奏】諏訪創 中田竜太郎 能勢一平 川口隼人


●東京公演
2010年10月30日(土)~11月3日(水)
10/30(土) 15:00☆/19:00
10/31(日) 15:00
11/1(月)  19:00
11/2(火)  14:00/19:00
11/3(水)  14:00

☆30(土)15:00の回はプレビュー *開場は開演の30分前より。当日券の発売は開演の1時間。

【会場】座・高円寺2
JR中央線「高円寺」駅 北口を出て徒歩5分
〒166-0002 東京都杉並区高円寺北2-1-2 TEL.03-3223-7500

【チケット】
全席指定 当日:3,800円 前売:3,500円 学生割引:3,000円(前売・当日とも) プレビュー:3,000円(前売・当日とも)

*プレビュー 学生割引は流山児★事務所のみの取扱


●長久手公演
2010年11月6日(土)15:00 7日(日)14:00

*開場は開演の30分前より。当日券の発売は開演の1時間前より。
11/6(土)☆終演後、アフタートークあり(ゲスト:佃典彦 鹿目由紀)     

【会場】長久手町文化の家 風のホール
〒480-1131愛知郡長久手町大字長湫字野田農94-1 TEL.0561-61-3411

【チケット】
全席自由 当日:3,300円 前売:3,000円 学生割引:2,500円(前売・当日とも) フレンズ(友の会割引):2,500円

* 学生割引は流山児★事務所のみの取扱
* フレンズ(友の会割引)は長久手町文化の家、Nピアのみの取扱  * フレンズ先行発売:9月4日(土)


【あらすじ】
100年前、冬。「天皇、太皇太后、皇太后、皇太子又ハ皇太子孫ニ対シ危害を加ヘ又ハ加ヘントシタル者ハ死刑ニ処ス」―――。『大逆罪』と呼ばれる刑法第七十三条のもと捕らえられた『大逆事件』の26人のうち、24人に死刑の判決が下されたあの日。ある女とある少年が、引き寄せられるように牢獄を訪れた。身重の女は最近見る『夢』の原因を突き止めるため。純粋な少年は『衝動』に駆られて。刑が言い渡されてから12人に死刑が執行されるまでの、わずか一週間。世間から妖婦と罵られるスガ、爆裂弾の首謀者ミヤシタ、革命の先導者で神と崇められるコウトク、闇雲に死刑を執行するのに命をかけるヒラヌマ、それを回避することに奔走する文人弁護士ヒライデ、スガに屈折した思いを寄せるあまり狂っていくアラハタ…。明治の若き革命家たちの頭の中は、狭い狭い牢獄の中で溢れんばかりにぐちゃぐちゃと交錯していく。そして、彼らの想いに触れた女と少年は、徐々にその強い磁力に取り込まれていくのだった。

流山児★事務所は東海地方の劇作家達との交流を30年以上の長きにわたって続けています。北村想・天野天街・佃典彦の3人の劇作・演出家はある意味「座付作家」と呼ぶべき存在です。そんな東海の注目の「若手劇作家の雄」が鹿目由紀です。人のココロを溜めて空中に浮かぶ劇場や、お客さんのニーズに合わせて裁判をする「擬似裁判所」等、一見奇抜なシチュエーションから繰り出される「会話」と「関係」のズレを中心とした喜劇を上演している名古屋トップの人気劇団『あおきりみかん』を主宰し、短編演劇の全国チャンピオンの『劇王』を3連覇するという偉業も打ち立てています。その注目の鹿目由紀が「初めて挑む」創作ミュージカルです。 題材は、百年前の近代ニッポンの大事件=大逆事件。この稀代のフレームアップ(でっち上げ:冤罪)事件に想を得て「明治のワカモノ」たちの「熱い疾走革命劇」を創り上げます。ブロードウェイミュージカル『ユーリンタウン』で日本のミュージカル界に風穴を開けた流山児祥と流山児★事務所が総力を挙げて『ユーリンタウン』を超える、愛と革命と冒険の《百年の大逆》ミュージカルに取り組みます。

 
【スタッフ】
美術/水谷雄司  照明/横原由祐  音響/島猛 齋藤貴博  振付/石丸だいこ 衣裳/大野典子  
舞台監督/小林岳郎  演出助手/畝部七歩  制作/米山恭子
宣伝美術/Flyer-ya 制作協力/劇団あおきりみかん

協力/One on Oneクオーレ 東宝ミュージカルアカデミー 劇団そとばこまち 
王様美術 シアタークリエイション ステージオフィス 

主催/流山児★事務所 平成22年度文化芸術振興費補助金(芸術創造活動特別推進事業)
[東京公演] 座・高円寺2モデル事業 

平成22年度(第65回)文化庁芸術祭参加公演
[長久手公演] 共催/長久手町 長久手町教育委員会

Photo_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年9月11日 (土)

9.11から9年だそうで。

もうそんなに経ったんですか。
そして来年は10年目になっちゃうんですか。
時の流れというのは意地悪です。

ビルに飛行機が突っ込んだ時、僕は中学2年。
2階の自室で、ラジオを聞きながら机に向かって勉強してました。
パーソナリティーがいつものようにウケをとりながら回を進行しています。
少し甲高い声での会話は苦ではありません。

と、突然、何の前触れも無くラジオ番組は変わります。
臨時ニュース。

「飛行機が米・貿易センタービルに衝突しました。」

誰が信じます?そんなこと。
勉強中の僕の耳から耳へ流れるその声は執拗に繰り返され、明らかに不安にさせます。
鉛筆を置き一階に降りテレビの電源を入れます。
どこもニュースニュースニュース。

そして2機目衝突。

はたしてこれは衝突なのか?
頭から突っ込んだように見えたのは僕だけか。

米国人が、みんな抱き合って泣いています。
消防団が必死に消火・救出活動を行っています。
言葉という言葉は無く、モニターから聞こえたのは悲鳴と破壊の音。

煙を吐くビルは、やがて倒壊します。
すべてが潰れる音。

勉強も忘れ、遅くまでテレビを見入って床についたのは深夜だったでしょうか。
夜の空には星が輝いていたのを覚えています。

不思議なことで、映画ではよくあるシーンなのに、現実に起こると思考が止まるんですね。
自分でなんとか納得いく回答を模索してるんだと思います。
何故こんなことが起こるのか、というか何が起きたのか。

日本は宗教間での紛争も無ければ民族が分かれてるわけでもないし、よくできた国です。
しかし近年は隣国の恐怖は常で、いつ仕掛けられるかもわかりません。
実験ミサイルが日本に落下することだって、最早笑い話にならず。

9.11、この日に黙祷。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年9月10日 (金)

昼暑!夜涼し。

昼は相変わらずの夏模様、夜は徐々に秋らしくなってきましたね。

この秋が、自分の一番好きな季節だなー。

やっぱり快適に過ごしたいじゃないですか。笑

暑い中家にいるとだらけちゃうので、そんな時は無理矢理外に出掛けます。

やっぱり自宅で作業って、どうも苦手なんですよね。

気合いが入らなくて、ついネットで遊んじゃう。笑

今日もこれから外出て作業します!


今日も笑顔でいきましょう!

20090817120040


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年9月 7日 (火)

この調理法、教えてください。

だれかー、詳しい方いませんか。

さつまいもを使った簡単レシピ

と、

ロースとか焼いたときのおいしいタレの作り方。


さつまいもって料理したことないなーとノリで買ってみたけど、料理本読んでも難しいのばかり!

で、自分なりに細切りで炒めたり乱切りして茹でたりしたけど、他にどんな料理ができますかー?

んー、さつまいもはやっぱり焼きいもにするのが一番か。笑


あと、タレね。

いつもタレをどうしようと悩んでは、結局市販のものを使ってしまったり。

せっかくなら最後まで自分で作りたいものです。

タレタレー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

一日寝てみる。

予定も特になく、といってもやることはあったりするけど、まぁたまにはいいやと思って1日ダラダラ寝てみた。

そうしたら、夢でいろんな人と出会った。

学生時代の友達、芝居仲間。

会ったことも無い友達同士が一緒に踊ってたりとか、有り得ない展開に目が覚めたり。笑

最近会ったことも無い友達が夢に出てくるとビックリする。

昔は当たり前に遊んだ仲間も、今は何をやってるのだろうか。

僕はやっぱり人が好きなんだな。

一人は嫌いじゃないけど、一人で家にいるのは嫌い。

誰かと会って話して、常に出会いを求める。

記憶にとどまる思い出達。

でも記憶というのは不思議で、実は楽しいことより悲しいことの方が残る。

そして、ふとした瞬間に蘇る。

忘れることの無い記憶は、きっと自分に「忘れるな」と投げかけるのだろう。

明日も暑いのかなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年9月 5日 (日)

流山児★事務所『櫻の園』観劇。

9月だというのに、何故この暑さ。

異常気象は温暖化のせい?

そろそろ水も干上がるかもしれない。


ところで先日、流山児★事務所公演『櫻の園』(演出:千葉哲也)@あうるすぽっと を観劇したのだけれども、流山児★事務所というと歌って動いてにぎやかなイメージがあったり。

でも今回はちょっと色の違うシリアスな感じで、これもまた面白かった。

とか言ったら怒られそうだ。笑

でも千葉さんも、そういうお客さんにしてやったりの気持ちがあるらしい。笑


打ち上げの席で、占部房子さんとお話しする機会があった。

で、歌について熱く語り、何故か2人で歌の練習をするという。笑

占部さん面白い方だー。

来年に新国立劇場で、千葉さんと占部さん出演の『焼肉ドラゴン』の再演もあるし、こちらも楽しみ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年9月 2日 (木)

旅行記・広島3

今年は異常気象!
暑さで眠れない→朝起きれないの最悪な循環にハマってます。

さて、旅行記もこれで最後。
参りましょう。

Dscn2048

厳島神社の隣、小高い丘に建っている五重塔。
いいねー、入りたい。笑
そして、手前にさり気なくう○ちくんが・・・。

Dscn2046


こういう古い建物大好きです。
造りとか見てしまう。
神社だけじゃなく、歩いてるだけで時の流れを感じることができます。

観光を楽しんだ後は、お土産街へ。
とあるお店の休憩室。


Dscn2053

囲炉裡を前に和みながら、ここでしか食べられない、あげもみじまんじゅうを一つ↓


Dscn2055

あんことチーズを食べました。

そしてお昼はこちら↓


Dscn2058

牡蠣丼!!ウホィ!!
おいしく頂きました。


Dscn2059

最後はなんだか食の日記になってしまいましたが(笑)、素敵な広島でした。

知らない土地に行くのはいい。
得ることしかないから。
次はいつこようかなー。


Dscn2063_2

・・・はい、う○ちくんもお疲れ様でした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年9月 1日 (水)

旅行記・広島2

広島二日目。

Dscn1976


やはりここでしょう。
僕は2回目の宮島でした。
本土から宮島に行くまでの、10分ほどの船旅が気持ちいいんですよねー。

宮島に到着すると、彼らが迎えてくれます↓

Dscn1998

立派な鹿だ・・・んっ、手前になにか写っているが・・・。
まぁいいや。
歩いていくと、だんだんと鳥居が近付いてきます。

Dscn2011

やっぱり何かいる!!
こいつは・・・

Dscn2010

う○ちだー!!
えぇ、宮島はこのう○ちくんと共に旅をしました。笑

Dscn2026


Dscn2023


神聖な場所です。
この場所は、平清盛との関わりが有名ですが、創建の始まりはそのもっと前の593年というからすごい。
1400年以上の歴史があるわけですね。
あえて波に逆らわないよう作られたその技術、昔の人の技術は本当に凄い。


Dscn2041

能舞台も素敵です。

Dscn2052

・・・続きはまた次回。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »