« 日焼けというより火傷。 | トップページ | 終戦。 »

2010年8月14日 (土)

消えないと思っていた光が消える。

近くのコンビニの話なんですけどね。
コンビニとかって、滅多に閉店すること無いじゃないですか。
で、24時間営業だから、決してお店の明りが消えることが無い。
そんな近くのコンビニが閉店しまして、そのコンビニの前を通るとなんだか不思議な気持ちになるんです。
あー、暗いなー、やっぱり光の力はすごいなーって。

でも、光があって闇があるわけだから、ずっと明るいこと自体がおかしいことなんですよね。
その機械的な光は、結局体には毒なわけで。

たまに蝋燭の光が恋しくなる時、いろんな記憶が蘇ったり考え事にふけったり。
あの時間ってすごい大切な時間なんだと思う。
自分を見返して、今後を考える。
こんなことも時には大事。

光の温もり、もう少し大切にしよう。

|
|

« 日焼けというより火傷。 | トップページ | 終戦。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409678/36162720

この記事へのトラックバック一覧です: 消えないと思っていた光が消える。:

« 日焼けというより火傷。 | トップページ | 終戦。 »