« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月31日 (火)

旅行記・広島1

島根観光をした次の日は、一気に南下。
いざ、広島市へ。

そして、こちらでも父親の友達と合流し、案内が付いての広島観光へ。
合流してまずは腹ごしらえ、ということで、ここはやっぱり広島お好み焼き。
うまいねー、これ食べると広島来たなって気分になりますわ。

ということで、満腹になったところで行動開始!
といっても僕は仕事で結構来てるので、一人単独行動に。

前回広島来た時に行けなかったので、まずはここへ↓

Dscn1959


広島城だー!!
二日連続のお城、全然飽きません。笑
広島城は一度原爆で吹き飛んでいるので、外見は再現、中は綺麗な展示となってました。
元々は毛利家の建築から始まり、後々は浅野家の居城となった城。

Dscn1951


Dscn1965


広島は川が多く交通の便もあり、昔からとても栄えていたわけですが、原爆によって一度何もかも無くなったなんて、未だに信じられない部分があったり。
人間の生きる力、そこからの復興、驚かされるばかりです。

街を歩くと、外人の方をよく見かけます。
原爆ドームや資料館を見て、一体どんな感想を持つのでしょうか。

戦争は誰が悪いとかありません。
無差別テロ行為です。
日本は敗戦国ではあるものの、当時の資料などを見れば如何に悪だったのかわかります。

そして今。
それでも戦争が無くなることはありません。

武力を使わず、国同士がどう理解しあえるか。
まだまだ課題は山積みですね。

Dscn1971

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年8月30日 (月)

旅行記・島根2

どんどん旅行記まいりましょう。

僕は城好きで、訪問地に城があれば必ず行きます。
島根といえば松江、そう松江城。

Dscn1914


元々の天守閣は落雷で焼失してしまって、今あるのは1852年に完成した三代目なんだとか。
そこからは、そのままの姿を残しています。
よくある、外見は城でも中は綺麗な展示というわけではなく、中は当時のまま。見応えがありましたね。
松江に行った際は是非足を運んでみてはいかがでしょう。

その後公園内を散歩。
歩いていると、こんな穴を発見↓

Dscn1910


これはもしや、トトロに通じているのでは!?
トトロ、あなたはどこにいるのですか。

お次はこちら。

Dscn1941


Dscn1938


小泉八雲氏の邸宅です。
松江城から歩いて10分ほどのところにあります。
小泉八雲、日本国籍を取得する前の名は、パトリック・ラフカディオ・ハーン。
ギリシャ生まれの方ですね。
そして、この自宅庭園↓

Dscn1934_2

Dscn1936


相当の日本好きが伺えます。
名作を生む人には、それに見合った環境も必要なんだなと、そんなことを感じるのでした。
いや、これ大事なことなんだと思う、うん。

一日で島根を右に左に。
動いて歩き回って、素敵な一日は過ぎるのでした。

Dscn1947


あっ、夕食ではしっかり地酒を堪能しました。笑

次回は広島。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年8月29日 (日)

旅日記・島根1。

帰省も終わり再び東京生活に戻ったわけですが、既に疲れてます。笑
静岡暑かったけど、東京の方が全然暑いね。
コンクリートだらけのせい?ビルが高くて風の通り道がないせい?
完全に木々の擦れる音は聞こえません。
鳥や虫の鳴き声も聞こえません。
都会は寂しいなー。

しかし、お盆時の電車の人口が少なかったこと。笑
東京には多くの人が集まってきているんだなと、改めて感じるのでした。

さて、少し旅のお話でも。
今回の旅の目的は「父親の友達に会いにいく」だったわけですが、これが見事。
3人事前に連絡をとっていたらしいのだけれども、2泊3日で見事に3人の友達に会えたわけです。
普通仕事だったりとタイミング合わないのがものが付き物だけれども、偶然も重なり見事にクリア。
親友というものは、時を経ても繋がっているんだなと。
ちょっと羨ましかったなー。

旅は、島根・広島と行ってきたわけですが、ここで写真を交えながら追ってみます。

Dscn1864


日本一高い灯台、「出雲日御碕灯台」。
マジたけー。本気腰が引けました。
でも、景色はサイコー!
日本海、綺麗でした。

そんな下の売店に吊られていた生物。

Dscn1881

えっ、えっ、エイリアンだー!!
ここから新たな生物が生まれるのだろうか・・・。

そしてここへ。

Dscn1889_2


本殿は只今工事中。完成は3年後だそうで。
今はこちらの仮本殿。


Dscn1899


素敵なご縁がありますように。

まだまだ写真載っけていきまーす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年8月27日 (金)

旅を終えて。

旅を終えて。
昨日無事に帰省し、二泊三日の旅は終りを迎えました。

最終日は、朝から宮島にて厳島神社を参拝。

その神聖さに、嘘はつけない。

通りにてかき丼、揚げもみじ饅頭を食す。

激ウマ!

帰り際、鹿に危うくお土産袋を食われそうになる。

その後、姫路市にて父が学生時代の仲間と再会。

実は今回の旅、父の仲間との再会が一番の目的で、3日間で見事に3人の仲間と再会を果たしたのでした。

時が流れても、こうやって連絡をとって会うことができる仲間がいるのは、本当に羨ましい。

これはきっと、生きてる証なんだろうなー。

絆というものを感じ、考えながら家に到着。

まだまだ僕にも、多くの素敵な出会いがありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年8月25日 (水)

広島じゃけん。

広島じゃけん。

広島お好み焼きが…ウマすぎるー!

お昼に食べました。

事前に友達に勧められたお好み焼き屋が夕方から開店だったため、今回は残念ながら食べられず。

でも諦めたくなく、なんだか人だかりのお店に入って、広島お好み焼きを食す。

ウマいー!

広島といったらこれですよ。

これにて、広島任務完了。

完全自己満です。笑

実は広島、旅公演でよく来ていたことがあり、既に平和記念館などはクリアー済。

その中で、前回来たときは閉門時間に間に合わず、入ることのできなかった広島城に、今日は行ってきました!

前日の松江城に続いて、二日連続入城。笑

中はキレイな、完全展示の作り。

広島城は原爆で一度吹き飛んでいて、今の広島城は、戦争からの、原爆からの復興の証として、終戦から10年後に再建されたものとのこと。

松江城は建築当時のままの姿で、昔からの歴史を感じるものでした。

広島城は、松江城とはまた違う、様々な時間を超えた、一つの歴史を感じる城でした。

やっぱりお城はいい。

時間は昔から流れているんです。

明日は宮島。

こちらは二度目の観光。

穴子、そして揚げ紅葉饅頭、食ってきます。笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年8月24日 (火)

日本海!

日本海!
東京からは東京湾。

静岡からは駿河湾。

島根からは日本海だー!

島根来ちったよ。

人生2回目の島根でございます。

空気も水もおいしいし、なにより食べ物が美味い!

そんな島根にて、出雲大社参拝。

素敵なご縁が、これからもありますように。

松江城入城。

江戸時代に作られてから、一度も破壊されることなく残っている木造の城。

自分の今まで行った城の中で、三本の指に入るくらい素晴らしい城に感銘。

日本一高い灯台『日御碕灯台』にて、ヘッピリ腰の中灯台展望台でたそがれる。

父親の大学時代の知り合いに再会。

旅の一番の目的を果たす。

そんな旅一日目でした。

島根、また来よう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年8月23日 (月)

栄養。

栄養。
口内炎には栄養を!

滋養供給には鰻を!!

元気を取り戻せ!!!

ということで、奮発して食いました。

鰻うまかったよー、幸せ。

体には嘘はつけません。

が、いつまでもダラけてもいられないので、喝です、カーツ!!

では、今から島根・広島に旅してきます。笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年8月20日 (金)

脱皮中。

皮膚がー、皮膚がー剥けてます。笑

火傷の様な日焼け→水ぶくれ→皮膚剥け、ようやく最終段階に入りました。

脱皮ですね、脱皮。抜け殻は出ませんが。


「脱皮」とは・・・

ある種の動物において、自分の体が成長していくにつれ、その外皮がまとまって剥がれることである。

ウィキペディアより


まぁ、人間もある種の動物ですね。

自分の成長に伴い外皮が剥がれる、なんとも身にしみる言葉です。

でも、確かに脱皮した人ってなんかわかる。

例えば、知り合いの雰囲気が変わったなと思う時、やはり行動力とか成長した姿が見て取れるし。

昆虫、爬虫類などは体の構造が脱皮によって変わるけど、人間は脱皮によって精神面が変わるんだなと。

自分ももっと脱皮しなければ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年8月19日 (木)

『マクベス』上演のご案内。

午前中に用事が何もないと、最近全然起きれません。
まぁ夜中まで起きてるのが原因なんですが、しかし昼まで爆睡とか滅多に無かったのに。
今日も時間を損した気分になってます。ははは。

今日はお知らせです。
僕は出演しませんが、糸操り人形でお世話になっている田中純さん(元十一代目 結城孫三郎)と笛田宇一郎さんが主演で『マクベス』が上演されます。
『マクベス』なのに、出演者が計4人という、一体どんな演出なのか気になるところですが。


『マクベス』
構成・演出:笛田宇一郎

●出演
田中純
笛田宇一郎
田中空
田中敬太

●日時
9月1日(水)〜5(日)
開演19:00

●会場
ARARA-KARARA
(東西線「早稲田」駅より徒歩7分)

●チケット
4000円(ワンドリンク付)
※席に限りあり


興味ある方は、僕までメールください。
mainichi_ikiru@yahoo.co.jp

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年8月17日 (火)

人形制作

昨日の昼は、いそいそと家で人形制作してました。
糸操り人形の作り方を教わってるわけです。

やったのは人形の足。

木の骨組み↓

Dscn1850

に、粘土をつけていきます。完成がこちら↓

Dscn1859

完成まではまだ遠いです。

今日はこれから人形制作の先生の家へ。
えぇ、僕は夏休みの宿題を最後にやるタイプです。笑

暑いけど、今日も長袖で出発だー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2010年8月16日 (月)

やっぱり火傷の症状だった。

酷い日焼けを負った僕の腕に、ついに水ぶくれができてしまいました。

やっぱり火傷状態だったー。

なんだかこういうのって、実際の症状より精神的にショックを受けるんですよね。

そんな真夏日に、長袖で過ごす自分であります。


そうえいば、前に道を歩いてたらこんな自転車に遭遇しました↓

Dsc01703

悪戯されたのか、はたまたそういう人なのか。

この持ち主が自転車を起こして乗る瞬間、どんな表情をするかちょっと気になるところです。笑

自転車は正しく使いましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年8月15日 (日)

終戦。

65年前の今日、戦争が終わりました。

日本は負けました。

そして、アメリカを中心として復旧が始まります。

米軍基地など様々な問題は、ここから始まり今も尚続いています。

双方が納得いく結果を得ることは、国の意地だったり変化に対する恐怖だったりでなかなか得ることはできないけど、今以上にいい付き合い方ができるようになれないものでしょうか。

の前に、国内がもっとまとまらないとダメか。

そんな戦後の様子は、僕は『はだしのゲン』で知りました。

読むべき漫画の一つです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年8月14日 (土)

消えないと思っていた光が消える。

近くのコンビニの話なんですけどね。
コンビニとかって、滅多に閉店すること無いじゃないですか。
で、24時間営業だから、決してお店の明りが消えることが無い。
そんな近くのコンビニが閉店しまして、そのコンビニの前を通るとなんだか不思議な気持ちになるんです。
あー、暗いなー、やっぱり光の力はすごいなーって。

でも、光があって闇があるわけだから、ずっと明るいこと自体がおかしいことなんですよね。
その機械的な光は、結局体には毒なわけで。

たまに蝋燭の光が恋しくなる時、いろんな記憶が蘇ったり考え事にふけったり。
あの時間ってすごい大切な時間なんだと思う。
自分を見返して、今後を考える。
こんなことも時には大事。

光の温もり、もう少し大切にしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年8月11日 (水)

日焼けというより火傷。

一日バイトで外にいたら、腕が真っ赤!!
間違いなく火傷の域に達してます。
そして、時計をしていた左手首はこの通り↓

20100811225635

時計痕がくっきり。

腕痛いー。日焼けには弱いです。
海絶対行けない。
やっぱり山がいい(結局ここに落ち着く。笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

今更ながら、千と千尋を見る。

口にできてるヘルペスが邪魔だよー。
口がスムーズに使えないのは、なかなか不便です。

ナウシカが見たい衝動が起きレンタルショップに行ったんだけど、やっぱりジブリ作品の人気って凄いのね、全部レンタルされてて。
で、結局唯一残ってた『千と千尋の神隠し』を借りることに。

千と千尋ねー、公開された時見たけど、自分としてはあんまりピンとこなくて。
内容もよく理解できなくてそれ以来疎遠になってたんだけど、この作品はもう9年前にもなるんだね。
で、見たんだけど、9年も経って見方も変わったんだと思う、すんごい面白かった!(はい、今更です。笑)
配色やデザインなど、視覚的なものは最初観た時から凄いと思ってたけど、見終わって凄い考えさせられるものがあって。

そんな『千と千尋の神隠し』、これまで(ナウシカから千尋まで)の駿監督作品とは色が異なってると思う。
これまでは、ナウシカやサンに見る“女性の解放とその強さ”と、同時にこどもを守るかの様な“母性本能”を作品から感じられたけど、千尋にはそのどちらもない。
寧ろ千と千尋では、冒頭から母親が豚にされて、千尋がいきなり孤独となる。
突然こども一人に、「自分で考えて生きろ」という、ある意味絶望的な状況を投げるのである。
結果的に千尋は、“仕事”を通じて自分でやりくりして生きていくわけだけど、この作品からは、なんだか監督の時代の嘆きを見た気がしたなーといった感想。
昔と時代は変わったんだろうな、きっと。

2001年に公開されて以降、家族内での殺人事件が非常に増えている。
親がこどもを信用できない、こどもが親を信用できない。
悲しい時代かな、「古き良き時代」もすっかり死語。
もっと身近なことから幸せを感じ取らなくちゃね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年8月 9日 (月)

安静にしてます。

体調不良から、ようやく回復してきました。
突発的な発熱によって、一時39℃以上にもなる高熱を出したのですが、検査の結果は原因不明。
自分の体、どうなっているのでしょうか。
長い付き合いなのに、もっと仲良くした方がいいのかな。
自分の体、よろしくです。

65年前の今日は長崎に原爆が落とされた日。
広島からの2回目の投下。
たくさんの命が失われ、そして核という時代の始まりを告げた日。
僕達の命は、多くの犠牲の上に立っていることを忘れてはいけない。
さくさんの命に守られていることを感じなければいけない。

戦争は今も終っていません。
日本は戦争放棄してるけど、戦争に巻込まれないという保証はどこにもありません。
しっかり地面に足をつけて一生懸命生きる、これが僕達にできること。

早く世界から戦争がなくなりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年8月 7日 (土)

お詫び。

8月8日(日)に出演を予定していました、熊谷和徳 ダンスライブ Tap Dance Art Project 『TAP the FUTURE 』 in toshima@あうるすぽっと ですが、体調不良により出演を辞退しました。

皆様には、大変ご迷惑をおかけしたことを深くお侘び申し上げます。

今後とも、横山央の活躍を温かく見守って頂けたらと思います。

宜しくお願い致します。

ひさし


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年8月 5日 (木)

Rodyと夏を共に。

日焼けしにくい肌と昨日のブログで言いましたが、実は僕、夏に海に行ったことあるのは数に数えるくらいしかありません。
よって、日焼けすることがない!ということが判明しました。
やっぱり水着になって肌出さないと日焼けしませんよねー。
そんでもって水着、ここ6年ぐらい履いたことすらありません。
自分でもビックリ。

じゃあ夏はというと、専ら山へ。森林浴。避暑地。
常に太陽の日差しを木が防いでくれます。
木々の揺れる音、爽やかな風、やっぱり日焼けしません。
根本的な問題、すんません。ハハハ。

昨日は、来年「わが町」で共演する橋本淳くん出演の『Rody Musical』を観劇してきました!
初の草月ホール、綺麗なビルの中にありました↓

Dsc01755

SOGETSU、イェイ!
で、受付でRodyくんがお出迎えです。

Dsc01756

舞台はというと、もちろんこども向けに作られたミュージカルではありましたが、ネタやアドリブ多いし、サービスも豊富で、最早大人の方が楽しめるのではといった感じでした。笑
いやー、笑ったね。
そして、こども達にも癒されたね。
暑さにやられず、こども達見習って頑張ります!
そして、淳くんには入浴剤あげました。
しっかり体休めてね!笑


そんなこんな、熊谷和徳さんのタップワークショップに通う日々を送ってます!
ワークショップからそのまま本番も参加!なんて贅沢。
僕も大学時代にタップやってたから経験者クラスで応募したけど、すいません、僕一番下手です!

あー、おー・・・。

僕がやってたステージタップ・ミュージカルタップと、熊谷さんのリズムタップとでは全然やり方が違って、既に踏んだこと無いステップが容赦なく襲いかかってきてます。
ちょっと泣きそう。いや、既に泣いてる。
気合いで頑張ります!!

チケット販売中です!
ページ左にあります「メール送信」にご連絡くださいませ。


熊谷和徳 ダンスライブ
Tap Dance Art Project 『TAP the FUTURE 』 in toshima
構成・演出:熊谷和徳
出演:熊谷和徳、TAPPERS RIOT、ワークショップ参加者

日時:8月8日(日)16:00開演(15:30開場)
会場:池袋あうるすぽっと
チケット:チケット:前売3,500円 当日4,000円 学生:3,000円 としま未来友の会 3,200円(全席自由)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年8月 3日 (火)

深大寺。

今日はなんて日差しが痛いんだ!
いい天気過ぎるのも罪ですな。笑

みなさんはもう日焼けしましたか?
僕はもともとあまり肌が強い方ではなく、陽に肌をさらしていると、日焼けではなく火傷に近い方になってしまうのです。
赤くなって、最悪水ぶくれとか・・・ヒエー。
紫外線対策、男性でも気は抜けませんよー!!

あぁ、今日も早起きするつもりが結構寝てしまった。
やはり夜中まで起きてるのが問題なんだろうか。
しっかりしなければ。


ちょっと前に、深大寺にて鬼燈祭りが行われました。

Dscn1743

そして僕は、よくお世話になっている和菓子屋さんのお手伝いをしてきました。
仙川にある「藤屋」というお店、メレンゲの気持ちの“通りの達人”にも紹介されたお店です。
その際、石塚さんの「マイウー」が炸裂しましたよ。笑
そんな藤屋さんの代表的な和菓子がこちら↓

Dscn1736

「南瓜最中」で、絵は武者小路実篤デザインです。
武者小路実篤は晩年調布は仙川に住んでいて、仙川には実篤さんの縁の物が多いのです。
仙川に来た時は、是非「藤屋」にお立ち寄りくださいませ。

そんな深大寺の近くのお店に、ちょっと変わった食べ物が↓

Dscn1741

蕎麦を大判焼きの方に入れて焼き上げたんだとか。
中には油揚げが入ってたり、天かすが入ってたり。
要はきつねそば、たぬきそばということですね。
大きさはハンバーガーサイズですが、メッチャ腹に溜まるー。
一つで満腹でした。
深大寺に行った際は、こちらお試しくださいませ!

相変わらず、キタロウで盛り上がる深大寺や調布。
街起こしは素敵な事です。

Dscn1738


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年8月 2日 (月)

ビックが連続。

ども、夏でも飲み物には氷を入れない、ひさしです。
お腹冷やしたくなくて。
普段からも、ちゃっかり気を遣ってますよー。

さて、今日のブログ、たっぷり書いちゃいまっせ!


第1章 管鍵”樂団のコンサートに、あの人が!

先日、『ユーリンタウン』でピアノを弾いてくださった荻野清子さんが活動している「管鍵”樂団」のコンサートに行ってきたのですが、素敵な演奏に癒されてきました。
基本構成、ピアノ・クラリネット・オーボエ・フルートの構成。
しかし、個人で使った楽器は10以上。
フルートも曲によっては篠笛になったりと、いろんな音楽を聴けてなかなか得した感じ!

ちなみに楽器というのは、ピアノだのトランペットだの完成された物だけを楽器というわけではなく、実は何でも楽器になるわけで。
机だって叩けば音は出ます。葉っぱも吹けば笛になります。
今回の演奏会でも、段ボールやワインの筒を叩いたりと身近にある物が曲の随所に登場して、しかし何が凄いかって、それが完成された音となっている事が凄いわけです。
音は誰でも出せても、完成された音を出すことが実は難しいわけで。
その様なところ、プロの技に驚かされるばかりでした。
個人的には、白鳥の湖「情景」がJazzyな感じになって演奏されたのが良かったなー。

ちなみに、僕がお世話になっている荻野さん、三谷幸喜さんの「ザ・マジックアワー」の音楽監督をされ、日本アカデミー賞 優秀音楽賞受賞をとったことでも有名です。
よく三谷さんと一緒にお仕事されてるわけですが、まさか三谷さん本人が演奏会にいらしてて、演奏に参加するとは思わなかったですよー。

そうなんです!
三谷さん、タンバリンと鍵盤ハーモニカで参加したんです。笑
あおそらく台本どおり(笑)に楽団の一人の方が、

「次の曲はパーカッションが必要なのですが、どなたか楽器持ってる方いらっしゃいませんかー?」

「あっ、僕持ってます。」

といって、三谷さん登場。
ベタベタのフリだー!!笑
ベタベタのフリなのに笑えるのは、三谷さんだからだー!!爆笑
ミュージシャン・三谷幸喜、貴重な物が見れました。ありがたやありがたや。

そういえば、来年流山児★事務所が「ユーリンタウン」を再演するとか。
またオーディションするみたいですよ!
流山児★事務所のこの間の公演のパンフレットに記載されていた情報なのですが、まだオーディション等の詳細はこれからみたいです。
今度はどんなキャスティングになるのか、楽しみだなー!

しかし、演奏した場所がビルの34階って、エレベーターメッチャ怖!
眺めは良かったけどね。


Dsc01751_3

一緒に行ったのは、ユーリンタウンで一緒だった関谷春子さんと舩山智香子さん↓

Dsc01752_2

管鍵”樂団HP
http://www.kangengakudan.com/contents.htm


第2章 コンサートの後にはあの人と!

そんなコンサート終了後に荻野さんとお話ししてるところに、なんと千葉哲也さんと綱島郷太郎さんが!
おぉ、ビックが2人も。なんて贅沢。
綱島さんとは初めましてでしたが、千葉さんはユーリンタウンからお世話になっていて、舞台もよく観に行ってます。
ちなみに綱島さんは、はしのえみさんの旦那さんですね。

というわけで、僕・春子さん・船山さんとビックお二人とお茶という展開になり、行った先は↓

Dsc01754_2

ハードロックカフェ!!
初めて来たよー。
そして、超大物のギターやベースが展示されててテンション上がりまくりだよー!
あぁ、ビリー・シーンのベースやB’zの松本さんのギターが飾られている・・・、あぁ。
って、そればまた別の話で(笑)、面白い話たくさん聞けました。
昼間からビール片手に。笑

やはりベテランさんのお話は勉強になります。
そんな話を聞いて、重ねあわせるのは今の自分。
状況、経歴、どうすればこのビックお二方みたいにやっていけるのか、否応無しに考えてしまいます。
やらなきゃいけない、また自分に喝です。

「逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ。」

帰りの電車で、千葉さんとエヴァの話して別れました。笑

さて、これから仙川おらほ祭に参加してきます!
昨日からやっていて明日まで。
皆様、遊びに来てねー。

Dscn1836

Dscn1837


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »