« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月28日 (土)

『劇梅や』

僕がお世話になっている、ある大道具の方が、この度秋葉原のアパートの一室を改造してミニシアターを作りました。

今、そのミニシアター第二弾公演をやっています。

お時間ありましたら、是非足を運んでみてください。

“劇 梅や”
朗読劇『俺と貘』〜山之口貘と悩める俺のUTA〜

作:このへーすけ
演出:ちゅうさん
出演:染谷聡

11/26(木)〜30(月)
28(土)14:00/18:30
29(日)14:00
30(月)18:30

料金:1000円
場所:梅屋ビル3F 稽古場にて(「秋葉原」駅下車、昭和通り口徒歩7分)
お問い合わせ:047-703-7706

アクセスは、アップした写真をご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年11月26日 (木)

チョコ電車。

チョコ電車。

写真に写ってる電車、茶色いのわかります?

山手線命名100周年を記念して、たった1編成だけ茶色い車両“チョコ電車”が走ってます。

この間、偶然ですが乗ることができたんですよ!

本当に車両全部茶色でした。

しかし、中は普通(笑)

来月まで動いてるのかな?

茶色い山手車両、探してみてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年11月25日 (水)

アクセス数1万件突破!

おかげ様で、ブログを始めてから1万件を突破しました!

本当に感謝々々です。ありがとうございます。

これからも、くだらなーい、だるーい日記を更新していきますので(笑)、どうぞよろしくお願い致します。


横山央、日々生きております。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年11月24日 (火)

銀杏並木。

神宮苑銀杏並木に行ってきましたが、今が見所ですよ!

いい具合に色付いていて、凄い綺麗です。

この銀杏並木、木の長さが奥に向かうにつれて短くなり、その効果で並木道の先にある美術館が大きく見えるという、実は緻密に計算された立体的な作品。

初めは、「うわー」って声混じりで感動しますよ。笑

是非行ってみてくださいね。

ちなみに、キムタク主演ドラマ『HERO』のオープニング・エンディングで出てくる銀杏並木は、この神宮苑の銀杏並木かと思ったら、違う別の場所らしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年11月22日 (日)

アルフォート( 冬季限定)

アルフォート(<br />
 冬季限定)

さっそく買ってしまいました。

チョコ食べたい気分だと、ついアルフォートを買っちゃうんです。笑

見つけたのは、冬季限定ホワイトチョコのアルフォート!

うまい!これはハマりそうです。


さてこの土日は、とあるイベント大会のADをやってきました。

アシスタントらしく、ひたすら裏で走りまくり。

こんなに走ったのいつぶり?しかも短距離での右往左往。

終わった後の足はパンパンだったけど、体力は意外と衰えてなくて、そんな自分に拍手です。

イベントとなると大人数の関係者が動くわけですが、こうやって人と関わることは本当に面白いですね。

失敗して上から叩かれることはもちろんあるけど、やりがいあるし、何より楽しい。

舞台の表裏を知っていて表に立つと、裏も知ってるだけいろんなところに目が届くし、それがまた表現に繋がっていくんですね。

ってか、自分は相当人間が好きっぽいです。笑

今日は疲れたんで、早く寝ます。

ではまたー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年11月20日 (金)

地図島メンバーとの再会。

今日は、先月出演した『地図から消された島』での共演者が出演している舞台を観に行こうということで、他の共演メンバーと久々に再会し、みんなで行ってきした。

みんな変わってません。笑

既に各々次の舞台やら仕事やら動いていて、みんなの話を聞くのは楽しいですね。

観劇後はみんなで飲んで、芝居の話やら日常の話やら。
また観劇ツアーをやりましょうと約束し解散。

公演が終わっても、こうやって声をかけ合えば集まることができる。

素敵なメンバーです。

舞台は人との繋がりだなと、こういう機会に再確認します。

繋がりが次を作る。

大切なことですね。

人間、人との繋がりをなくしたら、一体どうなるのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年11月18日 (水)

電車内は睡眠施設。

電車の中で本を読む。

その一分後に寝てる自分。笑

疲れてんのかなー。

過去に、電車内で20分位立ったまま寝てたことがあるので、電車内は寝る時間になりつつあります。笑

しかし、電車内で寝るというのは日本人だけかも?

海外では電車内で寝たら危ないと、知り合いに教えられました。

なので、フランス行った時は目を見開いてしっかり起きてましたよ。笑

明日はインプロ稽古。

即興芝居、一体どうなるのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

100均鍋。

100均鍋。


昨日は雨が一日中降って、寒かったですね。

いよいよ冬も本格化です。

それで、体は寒いし栄養とらなければと思い今日は鍋にしたわけです。が…、

見事に割れました。

100均の土鍋。

まだ二回しか使ってません。苦笑

既に調理してる時から「ピシピシ」とうめき声をあげて、食事がすんだ途端に真っ二つに。

綺麗に割れたなー。

ま、ご飯中に割れなかったのは、不幸中の幸いでしょうか。

また100均で土鍋買ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年11月16日 (月)

BATIk観劇。

本日は、コンテンポラリーダンスグループ・BATIK公演『花は流れて時は固まる』を観劇してきました。

BATIKは女性のみで構成されたグループで、以前に映像で作品を見てから、これは一度見なければと思ってこの度ようやく見れたわけですが、いやー、凄いエネルギー。

異様な世界でした。

コンテンポラリー見て、こんなに疲れたことはありません。笑

自分は踊りはどうも苦手意識があり、結局これは、“踊り”という見せ方を知らないんだと思っているのですが、見るのは好きなんですよねー。笑

最近の日本のコンテンポラリーダンスは、目を見張るものがあるかと。

実際、世界からの目線も結構熱かったり。

これは研究しがいがありますな。

公演はにしすがも創造舎で、20(金)まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年11月15日 (日)

おやじカフェ

おやじカフェ

今東京では、『F/Tトーキョー』という国際演劇祭が、都内5つの劇場を使って繰り広げられています。

僕も既に「維新派」を観劇。

来週は、コンテンポラリーダンスグループ「BATIK」を見てきます。

この祭典は劇場外でも様々なことが催されていて、そのうちの一つに「おやじカフェ」というものがあります。

東京芸術劇場前にドームテントが建てられ、中はカフェとなってるのですが、店員さんがみんなオヤジという、なんとも奇妙なカフェ。笑

この「おやじカフェ」は、コンテンポラリーダンサー・伊藤キムさんプロデュースのカフェでありまして、オヤジ店員さんが踊りながら食事やドリンクを持ってきてくれます。笑

で、実はその中に知り合いがいたりして今日お邪魔してきたわけですが、おやじカフェ、サイコーです。

真顔でおやじたちが踊ってます。笑

ある意味凄い身体能力です。

これから東京芸術劇場に行かれる方、もれなくおやじたちと仲良くなれます。笑

メイド喫茶行くなら、おやじカフェをどうぞ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009年11月13日 (金)

最近の午前の日課。

朝にバイトがないとき、最近の午前中は映画鑑賞が日課になってます。

名作と呼ばれているものを、意外と見てなかったりするもので、ゲオ100円のこの機会にガンガン見てます。笑

何十年も経っている作品で、最近の流行りにはちょっとズレているものもあれば、色褪せることなく今に繋がっているものもあったり。

洋画・邦画、様々なものに触れて勉強です。

しかし舞台役者をやっているせいか、作品の中で映像役者の雰囲気と舞台役者の雰囲気とでは、色が結構違うなーと感じるのは僕だけでしょうか。

なんだろ、この感覚。

映像作品は、基本ワンシーンごと撮るわけですが、シーン撮影でいきなり気持ちを作って演じなければならない。

比べて舞台は、最初から最後まで通してるので、気持ちも時間を追って自然に変化していく。

僕は舞台の方が好きなので、仕事も舞台中心にこなしているわけですが、映像演技のまた違った演技は必要なわけで。

映像演技のある種の即興性というのはなかなか難しいものだと思うのですが、名優と呼ばれてるいる方の演技は、映像でも舞台でも安定したものを見せてくれます。

と、感動してるだけではしょうがないので、分析しいい意味で真似できるよう、とにかく演技を盗んで自分のプラスにしていきます。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年11月12日 (木)

新たな出会い。

只今、pm15:20。

昨日、友達に連れられてとあるパーティーみたいなものに行きました。

みんながみんなが、自分の夢に向かって生き生きとした人たちの集まりだったのですが、なんだか元気もらいました。

輝いてる人といると、自分もやらなきゃという気持ちにさせてくれて、創作意欲が湧きます。

人と出会い、人と繋がる。

それは、偶然の様で必然なのかもしれません。

この出会いを大切に。

今日も楽しく生きます。

今からバイトですけどね。泣

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年11月11日 (水)

秋を食す。

秋を食す。

無性に食べたくなり、思わず買ってしまいました。

なんだか今のうちに食べなきゃ、時期を逃しそうな気もしたので。

あまーいのね。

おいしかったです。

ご馳走様でした。

しっかし、東京に住んでるとこう買って食べなきゃいけないけど、子供の頃は家の裏に柿の木があって、普通に取って食べてましたよ。

栗の木もあったな。

売ってる物も美味しいけど、やっぱり天然には敵いません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年11月10日 (火)

髪が。

先月あった公演の役作りのために切った髪が、一ヶ月経ってだいぶ伸びてきました。

多分自分は、髪が伸びるのが早いです。

そんなことを前に友達に話したら、

「髪が伸びるの早い人はエロいんだよ。」

なんて言われたことがあります。

なんじゃそりゃ。笑

まったく、何を根拠にそんなことを言うのか。

まぁ、結局はエロいんでいいんですけど。笑

冬は寒いので、また伸ばそうと思います。

しかし、こんなに短くしたことなかったから、どうヘアースタイルを作ればいいのかわかりません。

誰か教えてください!笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年11月 8日 (日)

七五三

20091108182047_4

今日はバイトで、とある神社に行ったのですが、境内には着物やスーツを着た子供たちが。

はて、何でやろと考えれば、七五三さんシーズンなんですね。

七五三さん姿の子供を見たのは、はたして何年ぶりだったか。

自分の子供の頃はもちろんやりましたが、写真が残ってるだけで、自分の記憶には全然残ってません。

みんな可愛いですねー。
思わぬところで癒されました(笑)

みなさんは、自分の七五三さんを覚えてますか?


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年11月 6日 (金)

扉の向こうは…。

扉の向こうは…。

草に囲まれた扉。

その扉の向こうは…、イタリアンレストランでした。笑

実家に帰ってた時に、知り合いと行ったお店です。

激ウマでした。

食事をするときって、一日で一番幸福な気がするのは僕だけでしょうか?

さて、再び上京しまして、しばらくはバイト生活といった具合です。

でも、早く次の舞台に立ちたいわ!

うー、イライラ。笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年11月 3日 (火)

国民文化祭の締めはこちら。

国民文化祭の締めはこちら。

僕の国民文化祭の観劇ツアー、ラストは『モダンダンスの祭典』。

中国・韓国・台湾・日本から代表の子供たちのダンス、全国から代表の方たちによる、地元をテーマとしたダンス。

三時間にも及ぶ公演の中で、様々な作品を見ることができて非常に面白かったです。

ダンスを通して異文化コミュニケーション。

芸術は国境関係なく触れることができて、本当に素晴らしいことだなと思います。

今週末、磐田は人形劇が催されます。

人形劇、マジで面白いです。

オススメです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年11月 2日 (月)

『チェンジ』、そして地方から。

『チェンジ』、そして地方から。

只今、pm12:05。

上京のためのバスの中です。

あっという間の一週間。

国民文化祭に参加した、お世話になっている方たちの公演観劇ツアーもこれで終わり、再び東京に戻ります。

久々に実家でゆっくりして、一週間の間にたくさんと方と会って、こうしてまた東京に戻るのはどこか寂しいものです。

先週の土曜は、国民文化祭にて弟が出演した『チェンジ』(原作:小山ゆう)を観劇しました。

小山さんは地元静岡は菊川出身の方で、『あずみ』や『お〜い、龍馬』などで有名な漫画家さんです。

そんな小山さんの作品の中の一つ、『チェンジ』。

短編の野球漫画で地元を背景に書かれた作品ということもあり、今回舞台化されたんだとか。

野球ということがあり舞台化するのは難しいところを、劇中劇という形にしてうまく崩して描いていて面白かったですね。

弟はメインキャストに組まれていて、大変な役どころを頑張っていました。

東京にいると、人と演劇の距離はそんなに遠くに感じないのだけれども、地方では演劇というものに触れる機会があまりないのが実態です。

だから、こういう機会に普段演劇を見ない方に見てもらえるというのは、演劇をやっている身としては嬉しい限りです。

静岡には『SPAC』という、早稲田小劇場を展開した鈴木忠志さんが作った劇団がありますが、鈴木さんがされてきた“演劇を地方から発信する”ということは、今まで以上に重要なポジションになってくるのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »