« 初日あけました! | トップページ | オーディションは難しい。 »

2009年7月28日 (火)

『コード・テト』、終了しました。

Dscn1104

メガロシアター公演・人形人間オペラ『コード・テト』、無事に千秋楽を迎えることができました。

「シアター・バビロンの流れのほとりにて」と、ちょっと変わった名前の劇場で、王子神谷ということでちょっと都心から離れた場所ですが、遠いところ足を運んでくれたお客様に、本当に感謝です。

ありがとうございました。

今回も様々な経験、そしてたくさんの出会いがありました。

これがあるから演劇はやめられません。

また、自分の目指す方向性も見えてきて、非常に充実した公演になりました。

稽古はやったら大変でしたが。笑

芝居というナマモノを扱う上で、良い方にも悪い方にもどちらにも転がってしまう、とてもデリケートでシビアな空間。

それが面白くて癖にもなっていますが、公演はいつやっても心臓に悪いです。笑

でも、生の身体というのは本当に飽きません。

その時一瞬々々しかないわけですから、その一瞬への飽きなき追求を重ねて、そして第三者に観てもらう。

第三者がどう感じるかは自由ですが、表現者としては何かを感じて心に何かが残ればといつも願っています。

今回は“犯罪”というテーマでしたが、犯罪というものは人間が生きてる以上は決してなくなるものではありません。

悲しいことです。でも、それが人間です。

普段生活している上で、犯罪など犯していないと思っていても、実は些細なことが犯罪に繋がるかもしれません。

誰にでも、“犯罪”は起こりうる可能性があるということです。

芝居でその姿を露呈し、観ている人に一つの可能性を提示し少し考えてもらう。

芝居の役割の一つとして、一つの可能性を提示すること。

それを生で。

生だからこそ伝わるものがあります。

表現者として、たくさんの方に劇場に足を運んでいただけたらなと願うばかりです。

バビロン演劇祭は、僕たちの後に3団体が控えています。

是非足を運んでみてください。


|
|

« 初日あけました! | トップページ | オーディションは難しい。 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409678/30726432

この記事へのトラックバック一覧です: 『コード・テト』、終了しました。:

» フランスが世界に誇るバカラ [Net Market]
クリスタルグラスは、世界各国の王室や元首もご用達のクオリティ。バカラを所有できる者こそ、真のこだわりと上質を実感することができるはず。 [続きを読む]

受信: 2009年7月28日 (火) 12時37分

« 初日あけました! | トップページ | オーディションは難しい。 »