« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月29日 (日)

公演4日目。

公演4日目。


全5公演のうち、4公演を終了しました。

初日が始まったかと思ったら、もう明日で終わりです。

日々新しい発見を、日々変わる相手の様子や感情を見逃さないよう気を付けながら、楽しく公演してます。

実は、本日3月29日は、恋煩いにより大火を起こしたお七が、鈴ヶ森で処刑された日にあたります。

鈴ヶ森で火炙りの刑により、生きたまま炎に包まれて絶命したのでした。

と、お七の怨念か劇場に観に来てたのか、今日自分が出演するまえに、緑衣の服を結び留める紐が切れました…。

安全ピンで応急処置。

マジビックリでした。

今日は14:30の1公演だけだったので、終わってから鈴ヶ森処刑所(品川・「大森海岸」駅近く)に行ってお参りしてきました。

そこは、どこか暗く沈んだ空気が漂い、ここで多くの人が処刑されたと思うと身が縮まる思いになりました。

お七が処刑されたこの鈴ヶ森処刑所、実は『鈴ヶ森』の話の中に出てくる、白井権八も処刑された場所でもあります。

『鈴ヶ森』と『八百屋お七』、違う話のようでどこか繋がってる話。

とまぁ、これでいちおお七と権八のお参りをしたので、明日の千秋楽も、素晴らしい舞台を作りたいと思います!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年3月28日 (土)

公演3日目。

公演3日目。
本日公演3日目でございます。

昨日は知り合い以外に、今度お世話になる流山児★事務所から、演出家の流山児さんをはじめ、制作の方、演助の方が来てくださり、嬉しい限りでした。

友達や知り合いが来てくれることは本当にありがたいことで、励みにもなります。

本日3日目。
昨日失敗してしまったところをしっかり修正して、常に新しいことを心がけ、生を楽しみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年3月27日 (金)

公演2日目終了。

あっという間に初日を迎え、そして2日目を終えました。

緊張した。胃に悪い。笑

ギリギリまで人形の動きを確認して、糸の最終調節して、あとは人形を信じて使うのみ。

実際本番でも糸が絡んでしまうことはよくあるもので、絡んでも如何に冷静に対処できるか、これも経験を踏んで備えていかなければならないこと。

糸が絡む恐怖は拭えないものの、昨日は人形も素直に僕の操作に答えてくれました。

あと3公演。
日々変化する芝居を楽しみ、そこからどんな発見ができるのか。

明日も頑張ります。

当日券ございます。
是非お越しくださいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年3月25日 (水)

明日は初日。

明日は初日。

時間の流れは早くて、あっという間に明日初日となりました。

前に比べて人形との呼吸も合ってきて、共に頑張っています。

人形にも人形遣いにも自分自身にも、日々あくなき追求。

奥深く、また答えのない、一つの可能性の模索。

とにかくやるのみ。
もちろん、楽しくね!

いよいよ明日!
江戸糸あやつり人形座・古典小劇場。

まだチケットありますので、どうぞお越しくださいまし。

ゆるりと劇場で、あいやしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年3月23日 (月)

すっかり春。

すっかり春。

今年度の冬は暖かいなと思っていたら、気が付けばすっかり春。

今日も花粉は飛び、眼鏡にマスクという怪しげな人たちが街を歩きます。笑

先日は3連休だったわけですが、職業柄曜日が関係ないため、3連休などどこへやら。

今回はひたすら公演の準備をしてました。

あと3日で本番。

まだまだ課題は残したまま。

ラストスパート、しっかり腕を振って足を蹴りだし、前を見て走っていきます!

猫も春の日向ぼっこが気持ちいいみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年3月19日 (木)

夜明け。

夜明け。
おはようございます。

写真は朝5:30の空。

すっかり陽が早く上がるようになり、気持ちのいい朝です。

しかし、眠い(笑)

稽古して次の日朝6時からバイトはきついです。

今日も稽古。
本番まで一週間、頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年3月15日 (日)

稽古の日々。

公演まで2週間を切り、稽古にも力が入ってます。

日々人形と向き合い、人形と対話しているのですが、まだまだ僕の意思は通じてません。

人形は素直すぎて困ります。

自分のその日の状態が、鏡の様に伝わって、操ってる身としてはと逆に怖いです。

自分と向き合うというのは、辛いことばかり。

でも、向かっていかなきゃいけない。

自分に喝入れて頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年3月13日 (金)

『ユーリンタウン』

『ユーリンタウン』


昨日は、流山児★事務所公演『ユーリンタウン』の歌稽古初日だったのですが、当然ながら完全アウェイ。

椅子に座って、一人縮こまってました。笑

僕は声が高いのでテナーとなったわけですが、同じパートに、「タッチ」の上杉達也や「キテレツ大百科」のトンガリの声優さん・三ツ矢雄二さんがいらっしゃいます。

三ツ矢さん、声高い!そして、いい声!

三ツ矢さんについて行こうと決めました。笑


『ユーリンタウン』、日本語で『しょんべんタウン』。

まぁ、なんともシュールなミュージカル。

華々しいのか汚いのか、よくわからないミュージカル。笑

5〜6月に、高円寺に新しくできる劇場、『座・高円寺』で上演!

皆さん、是非お越しくださいませ。

写真は今回のチラシです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年3月11日 (水)

頭パンク。

毎日稽古をやっていると、様々な指摘をいただきますが、今日はその量が多すぎて頭パンクです。

家に帰ってしまうと集中が切れてしまうので、今マックでコーヒー飲みながら作業してます。

今日の復習、指摘に対する対処、台本読んでのイメージトレーニング。

人間芝居なら自分自身をイメージすればいいのだけれども、人形芝居はそういかず。

言葉のイメージができても、じゃあそのイメージを、如何に人形を通して伝えるか、またどう動くか。

人形芝居は、おそらく人間芝居以上に細部まで意識しなければならない。

そして、今日は頭パンクのボーっと状態。

とにかくやらなきゃ、練習あるのみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年3月10日 (火)

劇場入り。

劇場入り。


今回は早い時期から劇場が使えるということで、昨日劇場入りしました。

公演まで時間はあるので、のんびり仕込んでます。

劇場は自分にとって居心地がよく、ずっとこの空間にいたいと思う場所です。

と同時に、気が引き締まる思い。

たくさんお客様が来てくれるといいな。

まぁ、自分もチケットを売らなきゃですが(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年3月 9日 (月)

『愛の渦』

『愛の渦』
今日は、午前に映画を観て、午後は芝居を二本観劇するという、ある意味怒涛な一日でした。

芝居は、人形劇団・かわせみ座『ぽぇピュア』と、ポツドール『愛の渦』を観劇。

子どもでも大人でも楽しめる、かわいいフワフワした人形劇を観た後に、乱交パーティーに来た大人たちの、汚れた世界ながらある意味素直な芝居を、同じ日に観るものではないですね。笑

そうなんです、『愛の渦』はそういう話なんです。

以下は僕が観劇して感じたことです。

セックスという行為を見せることによる現実描写。

セックスしたり、日本語じゃない日本語で話すやりとり。

“言葉”という存在の意味を失い、コミュニケーションをも意味をなさない。

世間では、日常茶飯事で起きている事件…。

言葉もセックスも、お互いのコミュニケーションさえもなく、ただの遊びと退化してしまった。

セックスとは何のための行為か。

言葉の存在とは。

そんなことを考えさせられる芝居でした。

嫌いじゃなかったんだけどねー、2時間30分はちょっと長いかったかな。汗

まだシアタートップスでやってます。是非。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年3月 5日 (木)

ライブMC。

昨日は知り合いのミュージシャンに声をかけていただき、ライブのMCをやってきたわけですが、MC、なかなか侮れません。

非常に難しい。

MC原稿はあるものの、生なのでまったくもって何が起きるかわからない。

実際昨日も、シールドがいきなり使えなくなって交換したりと、思わぬ事故に見舞われた時、こういう時こそMCがうまく繋げなければいけないわけで。

まさに即興。演劇的。

いい勉強になりました。

しかし、久々に音楽のみの環境の中にいましたよ。

思わず、高校時代の吹奏楽部を思い出しました。

やっぱり音楽っていいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年3月 2日 (月)

プロレス観戦。

プロレス観戦。


昨日、初めてプロレスを観戦してきました。

in 後楽園ホール。

バトルはリング外でも激しく繰り広げられ、こりゃ興奮しますわ。

様々な技がかけられ、思わず「立てー!」って叫んでしまった。笑

見てわかったことは、プロレスはただ戦ってるだけではダメだということ。

常に観客の反応を感じながら、試合運びをしなければならない。

これは非常に難しい。

プロレスも劇的でした。

しかし、これはハマりそうでやばいです。笑

写真は今回のパンフレット。

グレート・ムタが暴れてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »