« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月25日 (水)

『アララ・カララ』

『アララ・カララ』


糸操り人形遣い・田中純さんは、ご自身の喫茶店を経営しています。

お店は『アララ・カララ』。

おいしいカレーと深みあるコーヒーがオススメです。

で、この喫茶店が、たまに稽古場にもなります(笑)

今回は台本読みの稽古で使用しましたが、この喫茶店、早稲田大学の裏にあるんですねー。

なので、稽古のために毎日早稲田通い。

学生でもないのに(笑)

さて、今日で読み稽古は終りで、次からは人形稽古です。

えぇ、実質ここからが修羅場です…。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2009年2月24日 (火)

座・高円寺

座・高円寺


高円寺の新しい劇場、『座・高円寺』。

この間用事で行ってきたのですが、面白い建物ですねー。

建築のセンスがいい!

今度出演する流山児のミュージカルは、ここで公演です!

新しい劇場で公演ができる、んー、楽しみでしょうがない!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年2月21日 (土)

『シンフォニーM』

『シンフォニーM』
昨日は、世田谷パブリックシアターにて、麿赤兒『シンフォニーM』を観劇。

初めて麿さんの舞踏観たけど、実に興味深いものでした。

観てイメージしたのは「祝典」。

赤いドレスを身に纏い踊り続ける。
白塗りの体に付けられた赤いロープ。
空から降り注ぐ米。
白い空間のステージ。

祝典も、狂気のさたにすぎないといった印象です。

また、「赤」には強烈なインパクトがあり、それはやがて血に見えたり。

赤を使うというのは様々な意味合いをもつことができるので、使用する上で、結構怖い部分もありますね。

しかし、麿さんの舞踏のエネルギーは凄まじいものがありますね。

唐十郎の状況劇場にいたのは有名ですが、もう40年以上も表現者として存在しているその貫禄、感動を覚えます。

今日のチラシの中に、舞踏のワークショップの詳細が。

よくやってるみたいなので、今度参加してみようかと。


僕は舞踏やコンテンポラリーダンスに対する見方として、目の前で起きたことを観た人が自由に解釈していいものであると思っています。

一つ一つの動きやシーンの繋がりに作者の意図があるとは思いますが、それを一辺に把握するのは正直無理ではないかと思います。

はたしてそれはいいことなのであろうか、確かにそこは僕も自信はありませんが、目の前で起こることを素直に楽しむことが大切だと思っています。

単純に、身体って面白いじゃないですか!

身体の不思議を楽しまなきゃ損ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年2月18日 (水)

後輩の卒業公演。

後輩の卒業公演。
俳優座劇場で毎年行われる、桐朋短大演劇科の卒業公演。

自分がここに立ったのは3年前。

あれからもう3年も経ってしまった。

と、毎年この時期が来ると年月の早さに驚かされる。

みんな卒業公演おめでとう。

そして、これから更なる厳しい世界で、お互い頑張りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年2月16日 (月)

警備現任研修。

僕はバイトで警備をやっているのですが、警備には必ず半年に一度研修があります。

警備員のポジションとは、お客様に対しての対応の仕方などを毎回確認も込めて学ぶわけですが、その中でも特に勉強になるのは、人工呼吸の仕方、AEDの使い方。

皆さんも一度は講習などを受けたことがあるかと思いますが、いざ本当に人を助ける場面となり人工呼吸だとは思っても、体はたじろぎ思うように動かなくなるものと思われます。

正直僕もあたふたして動揺するかもしれませんが、こう研修を重ねるにつれて、だんだんと自信もついてきて、冷静に物事を判断できそうな気がしてきました。

まぁ、まだ気がするだけですが。笑

AEDも、最近ではどこに出掛けても見かけるようになりました。

心肺停止状態だったらAEDをスタンバイ。

機械が電気ショックが必要と判断したら、指示通りに。

いざという時に、人工呼吸の知識・動作は大切なことですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年2月14日 (土)

小春日和。

小春日和。
2月中旬にして、今日はすっかり春の陽気ですね。

只今、う○ちビル…間違えました、アサヒビルに来ておりまーす。笑

知り合いが、ダンス公演をアサヒビル内のホールでやるためです。

アサヒ本社の屋上にそびえるう○ち…じゃなかったキントウンみたいなこの金の物体。

未だに何かわからないです。汗

誰か教えてくださーい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2009年2月13日 (金)

春一番…でしょうか。

なんでしょう、今日の温かさは。

風は強くふいているのに、ふんわりとした温い感覚。

これは春一番でしょうか。

もう春が起き出したのでしょうか。

おかげで、今日は朝からくしゃみ・鼻水が止まらずで、目もなんだかムズムズします。

完全に花粉症だー。泣

花粉さえ飛ばなければ、春が一番好きになれたかもしれないのに。笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年2月12日 (木)

森山開次作品集。

『森山開次 作品集』を新国立劇場で観劇したわけですが、この人綺麗です。
そして、“侍”という言葉がよく似合います。
ダンスに必要な筋肉以外まったく無駄のないほっそりとした体に、肩以上あるような長い髪、どこか女性にも感じてしまうような中性的な感じを醸し出す雰囲気。
素敵です。正直惚れますね。

第一部『OKINA』、第二部『弱法師 花想観』、第三部『狂ひそうろふ』による構成。
作品の一貫性に『和』というものがありますが、和でも和じゃないという感想です。
というのも、津村禮次郎氏の節にフルートが入ってきたりアフリカンビート(今回パーカッションで参加した、YAS-KAZさんは、昨年『牡丹灯籠』でご一緒した方です)が入ってきたりと、音楽にも工夫が凝らされていて、非常に面白かったです。
その中で特に面白かったのが、フルートの音色が尺八の音色に似ていたところで、リアルに錯覚したということ。
フルートの音色として聴けば間違えるわけはないのですが、今回のように雰囲気の中にヒョンと飛び込んでくる音色が、それがフルートであっても別の音色に錯覚を起こすというのは、新しい発見でした。
そういったこともあり、あー、この人はダンスだけではなく、聴覚・視覚においてもかなり長けてるなという印象を受けましたね。
自分のことをわかっている人は、自分が最高の表現ができるやり方をちゃんと把握している、今更ながら感じたことです。

もう一つ、3作品の一貫して感じたことは、『鼓動』。
能からの『翁』をモチーフにした作品『OKINA』、天地創造・生きる者の命、それは神が与えた鼓動。
能からの、また、下村観山の日本画をモチーフにした『弱法師 花想観』の、梅の精と盲目の弱法師との混じり合った鼓動。
今回オリジナルの『狂ひそうろふ』の、舞台上に作られた能舞台と言うべき空間で、パーカッションのビートとシンクロする鼓動。
鼓動は普遍的なもので、常に無意識に行われる鼓動の起伏を露呈し、生きる者の存在意義をも問いかけてくるような作品でした。
これだけ息を呑む、力強い感動する舞台を観たのも久々です。
観に行ってよかった。

新国立劇場は、当日券、しかも1500円席が必ずあります。10時から販売です。
15日までやってるので、余裕がある方は是非。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年2月10日 (火)

今日の観劇予定。

今日の観劇予定。
『森山開次 作品集』in 新国立劇場

19:00開演でございます。

新国立劇場は、公演当日必ず1500円のZ席を販売するので、今日は朝一で並んできました。

開次さんのダンスを生で観るのは初めてなので楽しみです!

ワクワク。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年2月 9日 (月)

旨辛ラーメン。

旨辛ラーメン。
写真は、東京で有名でしょうか、『蒙古ラーメン』です。

セブンイレブンにもカップラーメンであったりする、有名なラーメン屋さんです。

多くの芸能人が来るというこのお店、壁に飾られたサインが並ぶ店内で食されているものは、スープが真っ赤になるほどの激辛ラーメン。

僕は、辛さ5段階中の2にあたるものを食べたのですが、本当に2なのか!?
辛い!辛すぎる!

汗かいては鼻水すすって、やがては涙まで出てくる辛さ。

正直辛いのは苦手な分、人一倍発汗するのかもしれません(笑)

しかしこれ、マックスの辛さってどんなんだろうか…。

激辛ラーメン、一度は食べてみてはいかがでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年2月 4日 (水)

マック地域限定メニュー。

マック地域限定メニュー。
今日の昼食、『イタリアンチキンフィレオ』でございます。

こちらのメニュー、関東圏では売られていない地域限定メニューでございます。

清水駅前マックで買って食ってみましたが、イタリアンって感じでした(どんなだよ。笑)

トマトベースのソースが、しっかりチキンに絡んでいて、味がしっかりしてて美味しかったです。

しかし、こう限定とかの言葉にはどうも弱いです。

他にも、“貴重”とか““ラス1”とか、この単語は卑怯です。笑

きっと会社にとって、僕はいいお客なのではないでしょうか。笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今ここ。

今ここ。
只今、静岡は清水に来ております。

というのも、明日清水の小学校で古典公演でございます。


あー、地元に帰れる距離!笑

清水から一時間ちょいあれば実家に帰れます。

こう地元から近い距離にいると実家が恋しくなるのは何故でしょうか。笑

皆さん、豆まきしましたか?

鬼は外!福は内!

皆様に福が来ますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年2月 2日 (月)

給食。

給食。
今日は、横浜の小学校で糸操り人形の古典公演でした。

去年の9月以来の古典公演、久々すぎてちょっと感覚戻ってくるまで大変でしたが、でもそれは本番では見せてませんよー。笑

古典作品なので、子どもたちにストーリーを理解してもらうには難しい部分があるのだけれども、それよりも糸で操られる人形が繰り広げる情景を楽しんでくれればという気持ちで演じてます。

自分で人形操ってても見てる側にまわっても思うのは、人形が動くってやっぱり面白い!

好きです、人形。


で、写真はお昼の給食。

給食おいしかった!

しかし量が少ない。笑

小学生の時は、毎日給食が楽しみでしょうがなかったな。

デザートとか出た日で余りが出たらマジじゃんけんでした。笑

この歳だからこそ、たまには給食もいいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »