« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月29日 (月)

音楽座。

音楽座。

音楽座の新作ミュージカル、『七つの人形の恋物語』を、昨日観てきました。
人形を通じて人間が繋がっていく。
人間として生きていくのがとても無器用な人形遣いが、人形を使うと、本来の自分の姿を取り戻すことができ、素直な純粋な自分になることができる。
なんだか、とても切ない。
でも、実際にそういう人はいるわけで、なかなか自分に素直になれない人は、常に苦しい思いをしているのだと思う。
でも、人形という媒体を介して人に接したり自分を出すことができれば、それはそれで素晴らしいこと。

僕も2年糸操り人形をやってきて、様々な人に接して思ったことがある。
とある学校で糸操り人形のワークショップをやったとき、ある子がみんなの前に出てきて、人形を持つ前まではすごい緊張して自分の名前さえも上手く言えなかったのに、人形を渡して動かし始めた途端、喋りだし動き出したりと、さっきまでの緊張は何だったのいった感じでやり出した。
人形を使うことによって現れたこの現象。
ちょっとしたことかもしれない。
でも、人形ってすごいなって思う。

人間って、人形に思い入れしちゃうんだ。
思い入れしやすいんだ。
子供の頃、誰しも人形を使って遊んだことがあるはず。
歴史を辿れば、人形は“神”として奉られてきた。
人形は、常に人間と共に存在している。

音楽座のこの作品も、今回が初演ということでまだまだ良くなる可能性を秘めていると思う。
まだまだ、人形の存在を探れる。
さらなる作品の進化に期待したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年9月25日 (木)

松尾芭蕉。

松尾芭蕉。
謎多き人物、松尾芭蕉。
その謎は、今でも解き明かされていないものが多い。

奥の細道に記された、それぞれ訪れた場所での句。
しかし、歳の割にあまりにも早い旅日程に、伊賀出身ということもあり忍者ではないかという説。
また、旅を共にした、河合曾良とできていたのではないかという、同性愛者説。

他にも謎多し。

写真は、9月9日に岐阜県大垣市に行った時に撮った、奥の細道の結びの地にある銅像と石碑。
その像は、桜並木の川沿いにありました。
何故芭蕉は、奥の細道の終りをこの地にしたのか。
この地に何を感じたのか。
芭蕉が辿った道を同じように辿れば、その気持ちを感じ取れるのだろうか。
…ちょっと同じ道辿るのは難しいかな。笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年9月22日 (月)

B’zはやっぱりサイコーだ!

20日にB’zのライブ行ってきたましたー!
やっぱりB’zはサイコーです。
3時間絶叫しっぱなしで、終わった時に声が出なかった。笑

アルバムツアーではなく、今までの出したCDのベスト盤的なツアー“Pleasureツアー”ということで、とにかく名曲揃い!
懐かしい曲から最新の曲まで、26曲3時間を熱唱。
シングル曲が多めだったのですが、個人的にはアルバムの中のちょっとマニアック的な曲もたくさん聞きたかったなーといった感じ。笑
でもでも、B’zのサウンドはまったく衰えません。
これからもたくさんの曲を作って、ガンガンライブもやってほしいです。

早くライブDVD出ないかなー。
ちなみに、相変わらず熱気が冷めず、今15周年時のライブ映像を見てます。笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年9月18日 (木)

高速の車内にて。

今週も旅公演を展開しております。
地方から東京に戻ってくると、だいたい夜です。
夜の高速をひた走ります。
そんな車内で、iPodで音楽を聞く時間が好きです。
なんだか心落ち着きます。
でも、今聞いてるのは『X JAPAN』。
絶対落ち着けません。笑

今週土曜日は、B'zのライブ参戦決定!
久々のライブ、燃えます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年9月14日 (日)

秋も近くに。

岐阜・愛知から東京へ戻ってくると、何故かいつもため息が出ます。
帰ってきた喜びはあるはずなのに、心のどこかに現実逃避を求める自分もいたり。
都会の雑踏は、気付かないうちに疲れを蓄積します。

さて、残暑もだんだんと和らいできて、過ごしやすくなってきました。
もうすぐ、一番好きな季節、秋がやってきます。
過ごしやすいこの季節に、怠けていた作業はやっちゃわなければ。笑

明日から、今度は静岡・神奈川と公演をしてきます。
いざ、子どもたちの元へ!
プラス、ご当地巡りを。笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年9月11日 (木)

公演は、岐阜・愛知と。

公演は、岐阜・愛知と。

七月に、文化庁の“本物の舞台芸術事業”で糸操り人形のワークショップを、岐阜・愛知・静岡・神奈川の小学校で行いましたが、今度はその時と同じ小学校にて、『三番そう』・『東海道中膝栗毛』・古典落語より『田能久』の3作品を上演する旅公演を展開中です。
なかなか普段観る機会がないであろう、こういった古典作品。
また、糸操り人形の芝居。
生徒のみんな、興味深く観てくれていて嬉しい限りです。
今回『田能久』では、代表の生徒さんに実際に人形を持って芝居に参加してもらっているのだけれども、まあみんな器用なこと。
人形を手にした途端すぐに動かしだし、これまたすぐ上手に操りだす。
いつも驚かされます。
全校生徒の前で、恥ずかしながらも一生懸命やってくれる姿に、こちらも感動です。ありがとう。

さて、本日で岐阜の小学校は廻り切り、次は愛知県内の小学校です。
これから出会う生徒たちは、またどんな反応するか楽しみです。
そして来週は静岡。おいらの地元!
空いた時間見つけて実家凱旋予定(笑)まだまだ続く公演。
体調管理だけはしっかりやらなくては。

写真は、岐阜県大垣市の大垣城。
関ヶ原の戦いでは一役買った城です。
城好きとしてはたまりません(笑)
城の近くには、松尾芭蕉の『奥の細道』結びの記念碑もあったり。
歴史巡りは楽しいですわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年9月 4日 (木)

富士登山


8月31日に、芝居仲間と富士登山をして参りました。
午前1:00に須走口を出発し、9時間かけて登頂、2時間山頂で寝て(笑)、5時間かけて帰還しました。
トータル17時間30分の旅でした。

個人的に、富士登山は2回目。
でも、前に登ったのは10歳の頃で、それから13年も経てば体力も全然違うわけで。
正直、歳とってからの方がキツいですね。笑
夜は星が綺麗で、何度も流れ星を見れたし、登山途中で見たご来光は言葉にならないものでした。
そう、このご来光が見たかった。嬉しすぎます。
しかし、登りでは何時間もかけて各合目に向かって歩くのに、下山は何とまあ早いこと。
どんどん下って行くと、気が付けば9合目、8合目と。
でも、途中から直滑降に延びる下り坂が現れた時は、さすがにウッと思いましたが。
富士登山では、精神が肉体を超越する感覚が味わえますので、これから登ろうと考えてる方は是非。笑

険しく辛いものでしたが、なんだかんだで登山はいいものです。
頂上に登りきった時の感動はたまりません。
なにより、日本一高い場所に立った時はサイコーです。
一度は登ってみる価値ありです。

あっ、紫外線にはお気を付けください。
意外と日焼けします。
僕は、日焼けでヘルペスを引き起こしちゃって、下山してから大変な目に遭いました。
おかげで、4、5日外出禁止です。泣


さて、来週からはまた旅公演が始まります。
明日は病院へ行ってから稽古です。
また気合いを引き締めなければ。

Dscn0026_3


Dscn0040

Dscn0051

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »