« 公演を終えて。 | トップページ | 公演終了。 »

2008年5月 8日 (木)

「Sacrifice」

いよいよ公演まで2日となりました。
今回は出演者8人全員が自分との真っ向勝負となり、自分の中に潜む何かを模索し、それをそれぞれが提示していきます。
8人が同時に舞台上に立ちますが、それぞれがソロ。
一体何が見えてくるのか、自分でも未知ですが、お客様は観て直感で感じ取ったものを取り込んでくれるだけでいいです。
深く考えず、思いのままに。
ソロは初挑戦ですが、今の自分の先が見えたらと思います。

「Sacrifice」 =「犠牲」。
人間は、僕たちは何を犠牲にして生きているのか。
数多くの犠牲、それがなければ人は生きられない。


以下、公演詳細↓


<<メガロシアター最新作>>

「Sacrifice」

演出:今井尋也

舞台監督:村信保

出演
吉松章/松崎淳/エイキミア/小笠原幸介
五十嵐正貢/中島有城/平瀬結以/横山央

●集合時間:5月10日(土)20:00
       11日(日)14:00&18:00

●場所:神楽坂die pratze
(東京メトロ東西線神楽坂駅1番出口より徒歩6分)
http://www.geocities.jp/kagurara2000/ 03-3235-7990

●料金:前売1,800円 当日2,300円

●予約/お問合せ
TEL&FAX:045-716-0899
megalo@h7.dion.ne.jp

●メガロシアターHP
http://www.megalo.biz/


メガロシアターは何処へ/美や力を斥けてその「舞台」のむこう側へ行こうとして/舞台が平面の連続した多面体であるとするならば、その舞台のむこう側へ/舞台が時間の連続を分断した瞬間であるとするならば、その時間芸術としての舞台のむこう側へ/時空を超えるメガロマニア(誇大妄想狂)達の旅へようこそ。


我々はなぜ舞台に立つのか?
この問いに真摯に答えようと、あれやこれやと考える。

思考の過程、思考の旅、あれか、これかではない、 ゆるゆるの思考。
境界線をなるべく作らない。
突き詰めず、放っておく。

思考は、全体から個別へ、個別から全体に向かい、その動きを繰り返しながら、 いつの間にか然るべき思考に辿り着き、 その結果最適な結論に収斂していく。

我々の「答えを探そうとする旅」は未だに続いている。
おそらく本番の前も、後もそれは続いていく。
それが私たちのパフォーマンスであると思う。

集合時間とはその旅の、一つの通過駅のようなものだ。
通過駅にも時刻表がある。
それが5月10日と11日の然るべき時間であるだろう。

『集合時間に劇場にお集り下さい。』


----
何かの病原菌に冒される錯覚に 陥ってしまいそうな先進的で衝撃的な芸術祭
die pratze M.S.A.collection 2008 参加作品 [4/22-6/4]

芸術祭の詳細
http://www.geocities.jp/kagurara2000/

|
|

« 公演を終えて。 | トップページ | 公演終了。 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409678/20840584

この記事へのトラックバック一覧です: 「Sacrifice」 :

» インプラント [インプラント]
虫歯には、そもそも何故なってしまうかといいますと、歯の表面に付いた細菌が砂糖などの炭水化物から、酸を産出させて、その酸が歯質を溶解して虫歯が発生します。よって、歯面に細菌が付着さえしていなければ虫歯はできえないのです。歯の表面はエナメル質でできています。身体の中でも一番硬い性質になります。ここは硬いだけに耐酸性も強く、なかなか虫歯は進んでいきません。このエナメル質に窪みができるまでにはある程度時間の経... [続きを読む]

受信: 2008年5月15日 (木) 23時20分

« 公演を終えて。 | トップページ | 公演終了。 »