« メガロシアター花見 | トップページ | 生死の関係。 »

2008年4月11日 (金)

稽古は続く。

昨日から体調を崩しちゃって参ってます。
お腹くだすし、頭痛はするし、食欲もないし。
風邪ですね、完全に。
早く治すためにとにかく寝るのみ・・・やるべき仕事が・・・。

メガロシアターの稽古に本腰が入ってきました。
パフォーマンスという形での上演、決められたテキストもないオリジナル作品の上演です。
まずは、一人ずつ日々感じていること、“死”という存在に対して発表をしていくということをやってます。
頭で思い描いていること、ちょっと形になっていることを実際に動いてみる、こうすると、頭で考えていたこととまた違う面が見て新しい発見があったり。
また、それを見ていた他のメンバーが意見を言い合ってみたり。
実に刺激的な環境です。

それで僕はというと、今実際にやっている糸あやつり人形を通して感じている、“人形”という存在をちょっと表現してみました。
人形というものは常に“死んでいる存在”であって、それを操って動かすということにどんな意味があるのか、それは“死”を弄んでいることなのか、そんなことを形にしてみたくて表現しました。
やったことは、椅子に人形を置いて、僕はというと、ただ当たり前に普段の生活をするということをやっただけなのですが、これが意外とウケて、いろいろな発見がありました。
意見の中には、死んでる人形が逆に生きてくるという意見があり、これはなかなか面白いものが見えました。

次はさらに深めていき、また新たな発見をしていきたいと思います。

|
|

« メガロシアター花見 | トップページ | 生死の関係。 »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/409678/20159863

この記事へのトラックバック一覧です: 稽古は続く。:

« メガロシアター花見 | トップページ | 生死の関係。 »