« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月30日 (水)

PCが。

僕は今、Windows98を使っているという貴重な存在なのですが(笑)、いとこからのもらい物でして、今では容量が足りなくなっているせいか、読み込みが遅くなっています。
もちろん、今の対応ソフトも使えるはずもなく、さすがにやばいと思っているこのごろです。

で、次はMacが欲しいなと思っていてそれを姉に相談したところ、なんと会社から使ってない「eMac」をもらってきてくれたのでした!
OSも10.4までバージョンアップしてあって、ソフトもフォトショやイラレタなんかも入っていてこれはいい!と思っていたのですが・・・、もらえるというだけあって一つ問題が。
電源入れて30分ぐらい使っていると、突然画面が“プツンッ”と消えてしまうというものでした(汗)
これは痛い・・・。
で、修理にいくらかかるか電話で聞いてみたところ、eMacは修理料金一律で5万ほどかかるとか。
そんなお金はありましぇん・・・。

画面さえ消えなければかなり使えるもの。
修理に出すべきか、新品のPCを買うべきか。
この判断が難しい。
どうすればいいですかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年1月22日 (火)

今の自分は好きじゃない。

何もない日。
これほど辛い日はない。
休日は、忙しい毎日で疲れた体を休める日。
それは、意味のある何もない日。
そうじゃない何もない日。
最近僕はそれが多い。
そんな日は何をやるか。
それこそ、自分磨きに時間をかけた方がいいに決まってる。
でも僕は怠けてしまう。
遊んでしまう。
時間とお金を無駄に使ってしまう。
いつも後で後悔。

舞台が終わって、今は失業したような感じ。
また稽古が始まれば忙しい日々。
その繰り返し。

空いた時間をいかに有効に使えるか、そういうのはその人の力が試されている時なのではないかと思う。

あー、毎日は後悔の連続。
僕はもっと強くなりたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年1月15日 (火)

公演終わって一段落。

公演が終わって、早1週間。
時間の流れは本当に早い。
お越しくださった皆様、本当にありがとうございました。

中さんのライブに加え、魅惑的な人形の動き、異色コラボのミュージシャン、斬新な映像。
いろんなものを楽しんでいただけたかと思います。
この『牡丹燈籠』という作品は、落語家・三遊亭圓朝の名作品で、原作も本当に面白いです。
是非一読を。
この他にも、遠藤周作さんが『喜劇・牡丹燈籠』など、著名人がそれぞれオリジナルの牡丹燈籠を展開しているので、この辺り探してみるのも面白いです。

さて自分はと言いますと、糸操り人形をやりだして1年半が経ち、この公演で初めて本格的な人形を使う運びとなり、全然動かない人形に泣き、腹が立ちと、とにかく苦難の連続でした。
なんとか見せられるものにはなりましたが、やっとスタート地点に立った感じです。

やればやるほどわからなくなる人形。
“人形遣い”・“糸操り人形”・“俳優”、この関係性に挑んだ舞台は、僕なりにいろんな可能性を見つけ、見つめ、実践して。
田中純さんが考え出してやっているこの実験は、実に奥深いものでした。
中でも、人形という物は当然操ってやらなければ動かないもので、ということは、普段人間が無意識の中でやっている動きを、人形に対しては意識的に動かしてやらなくてはいけないという、もうこれはかなりの難題で、楽日が終わっても、僕個人としては納得いくものができず、これは次回への課題となりました。
でも、今回の公演から得て大きかったものは、昨年よりも客観的に冷静に自分を、人形を見ることができるようになったことです。
演技の中で、気持ちは本物に、でも人形を操ってやらなければいけない。
この両極端を一気にやるためには、遠近の両方の視野が必要で。
結局のところ、これは生身で芝居をする上でも必要な要素なわけで、そういった意味でも自分に得た物は大きかったですね。
人形はこれからもやりますが、自分を鍛える意味でも近いうちに、どこかで生身を使って演技をしたいものです。


明日はオーディションを受けてきます。
自分の持てる力をフルに出して、ほどよく頑張ってきます。


あっ、今日(昨日)は成人式でしたね。
僕は2年前でしたが、成人式はいい思い出になっています。
成人した皆様、おめでとうございます。

| | コメント (1) | トラックバック (1)
|

2008年1月11日 (金)

出演情報

【2017年5月19日 更新】

乞うご期待!
   

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

出演履歴

【2017年5月19日 更新】

●舞台●

〜幼稚園→高校〜

6才〜18歳 掛川ヤマハミュージカル
11才〜18歳 磐田こどもミュージカル (磐田市運営・総監修:佐藤典子)
 →第15回国民文化祭(広島県)・第16回国民文化祭(群馬県)に参加。

『佐藤典子舞踊バレエ団』
http://www11.plala.or.jp/ns-dance/

〜桐朋学園芸術短期大学芸術科演劇専攻39期〜

『ブンナよ、木からおりてこい(百舌役)』
【原作】水上勉 【演出】黒岩亮(青年座)
『ミュージカル 若草物語(ブルック役)』
【作】福田善之 【演出】越光照文


〜卒業後→今〜

2017年

●4月29日(土・祝)
ふじのくに⇄せかい演劇祭2017
『1940ーリヒャルト・シュトラウスの家ー』(静岡音楽館AOIホール)
【演出】宮城聰 【脚本】大岡淳 【音楽監督】野平一郎(静岡音楽館AOI芸術監督)
【出演】佐々木典子(ソプラノ)、妻屋秀和(バス)、中川俊郎(ピアノ)、花岡詠二(クラリネット)
SPAC:奥野晃士、春日井一平、木内琴子、小長谷勝彦、横山央、若宮羊市


●1~2月
1月16日(月)~2月12日(日)
SPAC 秋→春のシーズン 2016 – 2017
『冬物語』(静岡芸術劇場)
【演出】宮城聰 【作】ウィリアム・シェイクスピア 【音楽】棚川寛子
【出演】SPAC

『冬物語』HP↓
http://spac.or.jp/winter_2017.html


2016年 (平成28年)

●9月
9月9日(金)~9月12日(月)
東アジア文化都市2016 参加
SPAC『マハーバーラタ~ナラ王の冒険~』
【演出】宮城聰【音楽】棚川寛子 【出演】SPAC
【会場】平城宮跡(東区朝堂院)


●5月~6月
SPAC『イナバとナバホの白兎』
【演出】宮城聰 【台本】久保田梓美&出演者一同による共同創作 【音楽】棚川寛子 
【出演】SPAC

①ふじのくに⇄せかい演劇祭 2016
【日時】5月2日(月)~5日(木)
【会場】駿府城公園特設舞台

②フランス・パリ、ケ・ブランリー美術館開館10周年記念公演
【日時】6月9日(木)~19日(日)
【会場】ケ・ブランリー美術館内、クロード・レヴィ=ストロース劇場

「『イナバとナバホの白兎』HP」↓
http://spac.or.jp/inaba-to-nabaho-no-shirousagi_tour2016.html


●1月~2月
SPAC秋→春のシーズン#5
SPAC『黒蜥蜴』(静岡芸術劇場)
【演出】宮城聰 【原作】江戸川乱歩 【作】三島由紀夫 【音楽】棚川寛子
【出演】SPAC

「『黒蜥蜴』HP」↓
http://spac.or.jp/kurotokage_2016.html


2015年(平成27年)

●10〜11月
SPAC秋→春シーズン#3
『王国、空を飛ぶ!〜アリストパネスの鳥〜』(静岡芸術劇場)
【脚本・演出】大岡淳 【原作】アリストパネス
【出演】SPAC、ゲスト:朝比奈尚行(時々自動)
【ミュージシャン】渡会美帆(作曲・演奏)、永井朋生(パーカッション)、渡部寿珠(フルート)

「『王国、空を飛ぶ!』HP」↓
http://spac.or.jp/aristophanes_birds_2015.html


●8月
8月30日(日)
磐田市合併10周年
磐田こどもミュージカル第10期生修了公演
『しっぺいのものがたり』(磐田市民文化会館)
【台本・演出】児玉道久 【総監修】佐藤典子
【出演】磐田こどもミュージカル第10期生 横山央(OB)


●5月〜7月
『マハーバーラタ』
【演出】宮城聰 【出演】SPAC

①ふじのくに野外芸術フェスタ2015
【日時】5月15日(金)〜17日(日)
【会場】駿府城公園・特設舞台

②ロシア・モスクワ(チェーホフ国際演劇祭)公演
【日時】6月29日(月)〜7月3日(金)
【会場】モソヴィエト劇場

「チェーホフ国際演劇祭・マハーバーラタ」↓
http://www.chekhovfest.ru/en/program/spec/1836/


●4・5月
4月25日(土)〜5/5(火・祝)
ふじのくに⇄せかい演劇祭2015
『盲点たち』 (日本平の森)
【作】モーリス・メーテルリンク(「群盲」より)
【演出】ダニエル・ジャンヌトー 【翻訳】平野暁人
【出演】大内米治 加藤幸夫 貴島豪 小長谷勝彦 寺内亜矢子
    布施安寿香 横山央 ほか

「ふじのくに⇄せかい演劇祭2015」↓
http://spac.or.jp/worldtheaterfestivalshizuoka_2015.html


●2月
2月11日(水・祝)
静岡大学アートマネジメント力育成事業 舞踊分野
『犀の洞窟』(サールナートホール)
【構成・演出】篠原未起子 【演奏】原大介(ギター)
【出演】素我螺部(藤井b泉、宮原由紀夫)、舞踊分野受講者

「めぐるりアート」内HP↓
http://megururi.net/event/20150211/


2014年(平成26年)

●11月
11月30日(日)
ミュージカル『本田宗一郎物語』 (浜北文化センター)
【作・演出】芹澤文子  【音楽】山本裕治
【出演】地元の皆様


●4月〜9月
SPAC『マハーバーラタ 〜ナラ王の冒険〜』
【演出】宮城聰 【台本】久保田梓美 【音楽】棚川寛子
【出演】SPAC(阿部一徳 美加理 大高浩一) 他

①静岡(ふじのくに⇄せかい演劇祭)公演
【日時】4月29日(日)・5月3日(土)・6日(火)
【会場】静岡県舞台芸術公園 野外劇場「有度」

②フランス(アヴィニョン演劇祭)公演
【日時】7月7日(月)〜19日(土)
【会場】ブルボン石切場(オープニング作品)

③神奈川公演
【日時】9月12日(金)・13日(土)
【会場】KAAT神奈川芸術劇場

「SPAC」HP内詳細ページ↓
http://spac.or.jp/news/?p=9924

「アヴィニョン演劇祭」HP↓
http://www.festival-avignon.com

「KAAT神奈川芸術劇場」
http://www.kaat.jp/


●3月
3月22日(金)〜23日(土)
藤枝市・岡部宿内野本陣跡広場完成記念
『現代版 蔦紅葉宇都谷峠』(岡部宿内野本陣史跡)
【作】河竹黙阿弥 【脚色・演出】仲田恭子
【音楽・フリーちんどん】渡辺康蔵 堀込美穂 紺野将敬
【出演】横山央 平野雄一郎 萩原ほたか 杉山雅紀  他

●2月
2月14日(金)〜16日(日)
静岡県立美術館 「グループ『幻触』と石子順造」展 関連企画
平成25年度「むすびじゅつ」静岡の芸術文化を掘り起こす共同事業
ハプニング劇
『此処か彼方処か、はたまた何処か』 (アトリエみるめ)
【作】上杉清文、内山豊三郎 【演出】大岡淳
【出演】武石守正 横山央 蔭山ひさ枝 桐島聡  他

詳細HP↓
http://www.spac.or.jp/kokoka_kanataka.html


2013年(平成25年)

●2月
SPAC(Shizuoka Performing Arts Center)
『マハーバーラタ 〜ナラ王の冒険〜』フランスツアー
2/6(水)~10(日)ケ・ブランリー美術館 クロード・レヴィ=ストロース劇場〔パリ〕
2/14(木)ル・アーヴル国立舞台 ル・ヴォルカン〔ル・アーヴル〕
2/16(土)ルヴァロワ=ペレ劇場 〔ルヴァロワ〕
2/20(水)~21(木)ノルマンディー国立演劇センター「コメディ・ド・カーン」エルヴィル劇場〔カーン〕


●8月
8月25日(日)
磐田こどもミュージカル2013
『〜ニッセが住む街〜生命の輪舞(いのちのロンド)』
(磐田市民文化会館)
【脚本・演出】児玉 道久 【原案】鈴木 ゆき江 【監修】佐藤 典子
【出演】磐田こどもミュージカル第9期生 横山央

磐田こどもミュージカルHP
http://www.iwata-kodomo-m.jp/


●9月
9月13日(金)・14(土)
SPAC企画県民劇団 劇団静岡県史
『丸山静江物語〜静岡にもいた、おしん〜』
(静岡県舞台芸術公園 野外劇場「有度」)
【原案】丸山千鶴子 【脚本・演出】松尾交子
【出演】横山央 青島学海 悠美  他

劇団静岡県史『丸山静江物語〜静岡にもいた、おしん〜』ブログ
http://trueoshin.hamazo.tv/


●11月
11月14日(木)〜29(金)
SPAC秋のシーズン2013
『わが町』(静岡芸術劇場)
【作】ソーントン・ワイルダー 【演出】今井朋彦 【音楽】松本泰幸
【出演】SPAC (牧山祐大 奥野晃士 横山央) 他


2014年(平成26年)

●SPAC『マハーバーラタ 〜ナラ王の冒険〜』
【演出】宮城聰 【台本】久保田梓美 【音楽】棚川寛子
【出演】
SPAC(阿部一徳 美加理 大高浩一) 他

4月29日(日)・5月3日(土)・6日(火)
ふじのくに⇄せかい演劇祭 静岡公演@静岡県舞台芸術公園内野外劇場「有度」


2012年(平成24年)
http://hisashi-y.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/post-1941.html

2011年(平成23年)
http://hisashi-y.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/post-1231.html

2010年(平成22年)
http://hisashi-y.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/post-5211.html

2009年(平成21年)
http://hisashi-y.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/post-6a6b.html

2008年(平成20年)
http://hisashi-y.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/post-930f.html

2007年(平成19年)
http://hisashi-y.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/post-e171.html

2006年(平成18年)
http://hisashi-y.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/post-425f.html


●映画●

『アシンメトリー』(08年 監督:佐藤 徹也)
【HP】http://www.a-symmetry.jp/


●ラジオ●

・K-mixラジオドラマ「セノバスマイルストーリー」
・『磐田ドリームラジオ』 番組内コーナー「ドリームゲスト」
・『エフエムしみず「真由子のSweet Season」』

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年1月 5日 (土)

『牡丹燈篭』東京公演の幕開け。

フランス公演から三週間、ついに東京公演の幕があがりました。
初日は無事成功。
お客様もたくさん来てくださり、嬉しい限り。

自分はといえば、人形を使っていたら何かを掴めた気がして、この感覚を体に覚えさせようとしているところ。
一回一回公演で、今日掴んだ感覚をもっと活かせるように意気込んでるます。
明日は二回公演…自分にとってはチャーンス!
明日もほどよく頑張ります。(いい意味でね。)

池袋あうるすぽっとで、中さんの歌声が響きわたっています。
糸操り人形が、独特な空間を作りだしています。
7日までやってます。
皆様、是非お越しくださいませ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2008年1月 3日 (木)

謹賀新年。

あけましておめでとうございます。

昨年はあっという間に過ぎ、きっと今年もあっという間に過ぎてしまうのでしょう。

今年も後悔のないように、毎日を大切に生きていきたいと思います。

さて、僕の正月休みも終わり、明日は劇場入りです。

気合を引き締めなおして臨みたいと思います。

糸あやつり人形と中さんの歌に興味がある方は、是非池袋あうるすぽっとへお越しください。

4日~7日までやっております。

それでは、今年もどうぞよろしくお願い致します。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »